OZPA著『あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方これだけやれば成功する50の方法』でブログに対するモチベーションを高める!

OZPA

どうも、うるふぁ(@urupha)です。

ブログ「OZPAの表4」を運営しているOZPAさんの著書『あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方これだけやれば成功する50の方法』を読みました。

OZPAさんのブログは、ふざけた文体でとても面白く、しかもEvernoteのことなど参考になることが書いてあるのでちょくちょく見ています。

本書を読んで「ブログを書こうぜ!」という思いに駆られたので紹介したいと思います。

『あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方これだけやれば成功する50の方法』でブログへのモチベーションをアップしよう!

この本の副題は「これだけやれば成功する50の方法」となっていますが、具体的なテクニックというよりもどちらかというと、どのような心構えでブログを運営していけばいいのかという精神論の話になります。

しかし、ブログにおいてはこの精神的な部分が非常に大事です。なぜなら多くのブログは更新が途絶えてしまっているからです。

最初は勢い良くスタートしても、PVが伸びなかったり、目に見える変化を感じられなかったりすると、徐々にブログに対するモチベーションが下がってしまいます。

その結果、ブログが更新されなくなります。ガッデム!

だからこそ、ブログに対する心構えってテクニックよりも数倍大切だと思っています。

目標を書き留める

一番のモチベーションになるのは目標を立てることです。何かしらやりたいことがあってブログを書いているわけですから、目標を決めてそこに向かって書くというのは大きなモチベーションになります。

この目標も自分の力で達成できるものと、対外的なものがあり、目標を決めることでブログに対する熱が高まります。

自分の力で達成できるものとしては、更新頻度であるとか、記事数など、ここらへんを目標にする。対外的なものであれば、PV数やはてブ数などがあります。

これらの目標を立てるだけでなく、ノートなどに書いておきましょう。目標を決めても忘れてしまうのが人間ですから、書き出しておけば、それを見返したときに奮起できます。

目標が決まれば、おのずと戦略が決まってきます。戦略といっても大袈裟なものではなく、「細やかな工夫の蓄積」と「ささやかな意識の変革」を積み重ねることで目標に近づくOZPAさんはいいます。

目標を達成するには愚直にやるしかないということですね。

記事は書けば増える

ブログを開設しても、記事を投稿しなければ記事数は「0」のままです。このままでは読者も見に来てくれませんし、何かが変わることもありません。

しかし、1記事1記事書いていけば当然記事数は増えます。そうするといろいろな読者がやって来てくれますし、PVも伸びます。

記事を書けば、自分の中にも気づきが生まれますから、「次はこうしよう」と次の記事を書くきっかけにもなります。

ここを意識してやるかやらないかは大きく、気づきがないままやっていけばモチベーションが下がり、更新が途絶えてしまうことにつながりかねません。

「自分自身が記事を更新する」ことしかモチベーションの復活はありません。更新することで何かチャンスが生まれるかもしれない。そう思いながら更新することがモチベーションの維持には欠かせません。

当たり前のことをこなす

本書の帯には、ごりゅごさんの「特別なことはやってないけど」のひとことがあります。

確かに特別なテクニックがちりばめられていて、やればすぐに結果が出るという類のものでもありません。ひたすら工夫に工夫を重ねていくことが大切です。

大抵の人は「わかっている」で済ませてしまい実行しません。「知っているけどやらない」と「知っていることを愚直にこなす」とは雲泥の差があります。

確かにブログ記事を1本書き上げるのは、面倒な作業もあり大変かもしれません。そこで多くの人は「もういいか」となります。

でも、OZPAさんの記事を見てもらえばわかると思いますが、とても丁寧に書かれています。作品として作られているといってもいいでしょう。

スクリーンショットなどの画像もたくさん用意してあり、懇切丁寧に説明している。こういった微差が絶対差になるということを肝に銘じる必要があるということですね。

書き続けることで世界が変わる

ブログでよく論じられるのが、「量」か「質」かということです。毎日でも更新した方がいいのかとか、濃い記事を書いた方がいいのかというのはたびたび話題になります。

しかし、OZPAさんはこのように述べています。

「継続」こそが新たなブログ記事を生み、度重なる更新こそが書くことへの慣れを与えてくれます。それはさらに質の向上をもたらし、ひいてはブログの「厚み」とって現れます。(P.236)

つまり、まずは量を書くということ。たくさん書いていれば、その分気づきを得ることができますし、改善するチャンスが生まれます。更新する中でちょっとした工夫を積み重ねることでだんだんと質に転化する。

当然のことながら、ただ駄文を垂れ流しているだけでは向上しませんが、「細やかな工夫の蓄積」と「ささやかな意識の変革」を重ねていくことで少しずつブログは洗練されていくのではないでしょうか。

この本を読んでOZPAさんのブログに対する真摯さを垣間見た気がしますし、とても参考になるので今後のブログ運営に役立てていきたいですね。