【中四国地方限定】広島ご当地「キットカット ミニ もみぢ饅頭味」が発売!もみじ饅頭の風味を堪能できる! #広島

キットカット

どうも、うるふぁ(@urupha)です。

広島の名産品といえば「もみじ饅頭」があります。お土産売り場に行けば、いたるところに売っています。

通常は中身が”あんこ”なんですが、最近ではクリームや抹茶など、いろいろなバリエーションがあります。

そんな広島を代表するお菓子のもみじ饅頭なんですが、ネスレ「キットカット」とコラボした「キットカット ミニ もみぢ饅頭味」が発売されました。

もみじ饅頭の老舗「元祖もみぢ饅頭 髙津堂」が監修した商品で、中四国地方限定だそうです!

たまたまコンビニで目にしたので、買ってみました。

【中四国地方限定】広島ご当地「キットカット ミニ もみぢ饅頭味」が発売!

161025 kitkat 6

広島県を代表する菓子「もみじ饅頭」。その味わいを、もみぢ饅頭の元祖「高津堂」の監修のもと実現しました。香ばしいウエハースの間に餡パウダーを練りこみ、全体をもみぢ饅頭の風味を表現したホワイトチョコレートで包みこみました。またチョコレートの表面には紅葉の葉型を刻印。この商品ならではのユニークな見た目、チョコレートのほどよい甘さと小豆の風味とのバランスをお楽しみいただけます。
<元祖もみぢ饅頭「高津堂」の紹介>
1906年に高津堂が現在のもみぢ饅頭の原型となる「紅葉型焼饅頭」の販売を開始。この瞬間、広島銘菓「もみぢ饅頭」が誕生しました。高津堂では今も元祖の味を再現すべく、職人が一つ一つ手焼きをしています。

via:ネスレ

▼こちらが、そのもみぢ饅頭味のキットカットです。「もみぢ」の「じ」が「ぢ」なんですね。これは旧字体だからなんですね。
もみじといえば秋ですから、秋らしいイメージのパッケージですね。
161025 kitkat 1

▼こしあんパウダーが入っているおかげで、もみじ饅頭の風味を出しているそうです。
161025 kitkat 2

▼キットカットのミニタイプなので、ちっちゃいですよ。
161025 kitkat 3

▼よく見たらわかるのですが、チョコの表面にもみじの葉っぱの刻印がされています。細部まで手を抜かない姿勢は、いまの広島の盛り上がりを表しているようです。
161025 kitkat 4

▼中身はホワイトチョコレートが入っています。匂ってみると、確かにもみじ饅頭っぽい風味がします。
161025 kitkat 5

食べてみた。

ホワイトチョコなので、とても甘くて美味しいですね。ミニタイプなのでひとくちで食べられます。

もみじ饅頭は柔らかいので、「柔らかい=もみじ饅頭」という感覚が根付いているためか、ウエハースがカリッとしているので、もみじ饅頭というよりは”モナカ”に近い感じがしましたね。

でも風味はもみじ饅頭ですし、美味しいことには変わりないんですけどね。

広島の珍しいキットカットはいかが?

普通のキットカットは黒色ですから、白いキットカットって珍しいんじゃないでしょうか。

見た目もこだわっていますし、もみじ饅頭の風味を楽しめます。

いま話題の広島のお土産にいかがですか。

それでは今日はここまで。

またまたー!

ネスレ公式サイト

元祖 もみじ饅頭 高津堂