ブログ運営の基本を学ぶ。「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」を読みました

僕はあまり「ブログ運営」というものをちゃんと学んだことがなく、思いついたことを書き綴ってきたって感じで今までやってきました。

ここらへんでちゃんと改めて本を読んでみようということで手に取ったのが「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」です。

わかったブログ」のかん吉さんという方が書かれた本で、初心者が始めても分かりやすく書いてあり、基礎基本を覚えるにはピッタリの本でした。

ネットで情報収集するのもいいんですが、やっぱり体系的に学ぶには本が一番いいですね。

ブログ運営の基本を学べる本

まずは3か月毎日書く

すぐに書ける記事というのは平凡な記事になりがちです。誰もが考えていることだからです。

だからまずは3か月毎日書くこと。そうするとすぐにネタが尽きて書くことがなくなります。

そこからが勝負なんですね。ないネタを絞り出すように頭を使って書いた記事こそが個性が出てくるといいます。

だからまずは3か月黙って書く。

レビュー記事で自分を語る

ブログ記事の多くが何かを紹介する記事、いわゆる「レビュー記事」になっています。

このブログも本や文房具、ガジェットなど、僕が実際に購入してみたものについて書いています。

スペックとか使い方の記事だと誰でも書けてしまうので、自分らしいオリジナルの記事を書こうと思ったら、その商品を通じて自分を語ることだといいます。

自分の生活に絡めて書くと、オリジナルの面白い記事になるといいます。確かに自分にしか書けない記事を書くことって大事ですよね。

自分の成長を書くと面白いブログになる

面白いマンガやゲームって、最初は主人公が弱っちくてしょうもないんですが、ライバルと戦ったり、修行したり、敵を倒していくことで主人公がどんどん強くなる。成長する。こういうところが面白く、ワクワクするわけです。

それと同じように、淡々とコンテンツを投下するだけでなく、自分自身の成長をブログ記事に残していくと、面白くなります。

自分の成長の過程を残しておくことで、次にそれをたどる人の参考になりますし、「自分にもできるんじゃないか」と思ってもらえるわけです。失敗したことも書き残しておけば貴重なコンテンツになります。

まとめ

ブログ名を決めるところまで紹介してあるので、本当に初心者に向けて懇切丁寧に書かれてあります。

ポイントをかいつまんで実践していくのが王道なのかもしれませんが、イチから順番に取り組んでみるのも面白そうですね。