「お金がある」と感じることができる簡単な方法

お金

ぼくは財形貯蓄で毎月3万円貯金しています。給料日に勝手に控除されて専用の口座に貯まっていきます。お金を貯めるには、いわゆる先取り貯金が基本ですね。

年が変わったので、口座から1年間で貯まった金額を引き出してみたところ、なんと36万円ありました。当然ですね。

本題はここからです。

「お金がある」と満たされる

新札で引き出してみました。ぼくにとって新札36万円は普段持つことがない金額です。

実際に持ってみると、それだけで重みを感じるというか、新鮮さもありつつ緊張感もあります。

新札はいままで人の手を渡っていないため、少しの折れや汚れもありません。あまりにきれいすぎて福沢諭吉が神々しく見えます

1万円札36枚は、それなりに厚みがあります。そのお札の端がすべてピッタリそろっています。

きれいな直方体で、お札ではなく何か別な物体のよう。これが100万円の束だとどんなものでしょうか。

普段持たないお金を持つと、何に使おうかワクワクできます。あれがやりたい、これを買いたいと想像を膨らませることができます

おわりに

人はよく「お金がない」なんて言いますが、少なくとも「お金がない」とは言えない状態になります。

「お金がある」と満たされた気持ちになります。小金持ちになった気分ですね。ちょっとした幸せを感じることができますよ。