本を読むときは付箋かドッグイヤーどちらがいいか

読書

いわゆる読書家といわれる人は、本を読むときに重要だなって思ったところにマーカーをしたり、思いついたことを書くことが多いとききます。

ぼくも本を読むときは、必ずと言っていいほど、蛍光ペンで線を引きます。自分の思ったことを書き込んだりもします。

参考:[蛍光ペン]淡い色で目に優しいマイルドライナーがオススメ!

本を閉じた後、その自分が目印したところってどうやって見つけますか?

ドッグイヤーか付箋が多いと思います。

今日はその2つの方法についてどちらがいいか考えてみたいと思います。

付箋は後から見返すときにわかりやすい

メリット

付箋は重要なページに貼ると、本を閉じてもパッと見たときに、どこが重要なポイントかすぐにわかります。付箋の箇所が飛び出していますからね。

付箋の色を変えたり、貼る箇所をずらして変えることで、自分にとって重要なポイントの順番を決めることもできます。

付箋そのものに書き込むこともできますので、後から見返す時にわかりやすいです。

例えば、重要なところベスト3を決めたり、本の内容を付箋に簡単にメモしておくこともできます。

デメリット

座って読むときに手元に付箋があればいいのですが、外出先で電車の中など、立ったまま読むときはさすがに面倒に感じます。

片手に本を持ったまま、付箋を一枚めくって本に貼り付けるのは結構大変です。

また、付箋の消耗が激しいので、割とコストもかかってしまいますね。

付箋がないと読書ができない場合は、読書に対するハードルが上がってしまい、手軽に本を読むことができなくなってしまいます

ドッグイヤーは簡単にできる

メリット

本のページの角を折ることを、犬の耳に例えて「ドッグイヤー」と言います。

ドックイヤーのいいところは簡単にできることです。

道具も何も必要ありませんので、電車の中で立ったままでも、重要だと思ったら気軽にすぐできます。

その時に書き込みができなくても、ページの角さえ折っておけば、後で見返したときに、このページには重要なことがあったんだとわかります。

そこに改めて線を引くことはできます。

デメリット

デメリットは、重要なところに優先順位をつけることができないことです。

本を閉じた状態でパッと本を見たときにどこが重要かわからないので、ドッグイヤーをした箇所をパラパラめくって探すことになります。

また、ドッグイヤーをしすぎると本が歪な形に膨らむので、ドッグイヤーした本が多くなると、本棚に収まりにくくなる

本棚の奥側の厚みが増してしまうんです。これは、結構困るんですね。

まとめ

付箋は便利でわかりやすいのですが、ひと手間増えてしまうので、ちょっと面倒くさく感じます。

対してドッグイヤーは、簡単にできますので、読書のハードルが下がります。

ぼくは現在ドッグイヤーをしています。それで、重要なところトップ3くらいに付箋を貼るというやり方に落ち着いています。

でも、付箋がないこともありますので、貼っていないこともあります。

ドッグイヤーも付箋もしなくても全然構わないと思いますし、こればかりは自分のやりやすいやり方がいいと思います。

電子書籍だとハイライトがあって便利らしいので、電子書籍の購入も考えてみたいですね。

それでは!