これは凄い!自分の行動を記録するだけでムダがなくなる

夢や目標、やりたいこと。仕事や勉強に、ダイエットや運動。読書から学んだことを生かすなど、何にしても大切なのは「この瞬間」あるいは「次の瞬間」に何をやるか。

すべてはこれにかかっていると思っています。

遠い将来のことを考えたり、今月や今週の計画を立てることも大切だとは思いますが、結局のところはこれです。次に何をやるか

「次の行動」をおろそかにしていると自分の理想にはなかなか到達できません。ひとつひとつの行動の積み重ねが結果に結びつくものだからです。

ぼくは自分の行動を意識していないとすぐにダラけてしまったり、良い習慣が身につかなかったりしてしまうので、いま何をしているかを知るために自分の行動を記録するようにしました

「いま」を記録する

いま何をしているのか、これから何をしようとしているのか。これを知るためにノートに書いて記録します。

なぜノートに手書きかというと、記録することに集中できるからなんですね。

iPhoneアプリやWebサービスなどツールはありますが、あえて手書き。

ツールも試してみたのですが、ツールありきだと、操作方法や使いこなすことに頭を使ってしまうので、肝心の行動に意識が向きませんでした。

だからすでに習慣として身についていて、考える必要がない手書きをしています。簡単ですよ!

やり方はノートに

  1. 行動
  2. 開始時刻
  3. 終了時刻
  4. 所要時間

この4つを記録していきます。これだけです。

行動するたびにどんどん書いていきます。まずは習慣化することが大切ですね。

驚くほど自分の行動に意識が向く

実際にこれをやってみると、驚くほど自分の行動に意識が向きます。いままでダラダラしていたのが嘘のよう。

やりたいことがあるのに、行動を意識していないがためにダラダラしていたのですが、記録するとムダな行動をしなくなりました。

自分のやりたいことがあるのに「テレビを見ながらダラダラする」とは書けませんからね。書くことは自分に対して宣言するようなものです。

時間がどれくらいかかっているかも記録しているので、ひとつひとつの行動をムダに長くすることもありません。

行動の切り替えを意識するようになるので、次はこれをしよう、その次はあれをしようと、有意義ある時間の使い方になります。

おわりに

こうやって1日を記録していくと、自分の行動がわかりますし、行動に意識が向きます。

自分の行動を確認しながら、次の行動に移る。工場の指差し確認のようなものですね。

現時点では振り返ることはしません。意外とムダな行動をしていたなとか、ここに時間がかかっていたなとか気づくことはあります。

やることを増やしてしまうと続かなくなってしまうので、まずは記録することに注力しています。

だいたいの1日の流れがわかれば良しとします。改善の方法などはこれから徐々にやっていきたいと思います。

自分の行動を記録することで、自分の行動に気をつけることができますよ!