心に余裕がある人はゴミを丁寧に出している

花

最近気になっていることがあります。

ぼくの住んでいるマンションのゴミ置き場が汚いということです。

「そんなのどうでもいいじゃん」と思われるかもしれません。

しかし、ここからひとつの示唆を得たので書いておきます。

心に余裕がないとゴミの扱いが雑になる

「汚い」というのは、ゴミ袋の封が少しだけ空いていたり、投げ捨ててあるかのように散らかっていたりするということです。

さらに、本来の収集日に出すべきゴミとは異なるゴミが置いてあることもあります。

ゴミを乱雑に扱うということは心に余裕がないということです。

出したごみを回収するのは回収業者です。

乱雑に投げられていたら回収する方も手間が増えます。

回収すべきものではないものまで置かれていたらなおさらです。

そういったことまで考える想像力がないということです。

乱雑に扱ったらどうなるかを考えていない。

周りの人の気分もよくありません。

乱雑に放置されている状態は決して穏やかなものではありません。

周りの住人のことまで考えていないのです。

ゴミ置き場について勘違いをしてはいけないのが、ごみを「捨てている」わけではなく、「置いている」ということです。

そこから回収業者が回収しているだけですので「仮置き場」です。それを捨てていると勘違いをしてはいけません。

心に余裕がある人は所作が丁寧

これが高級マンションのゴミ置き場はきれいだと聞きます。

新聞紙も紐できれいにまとめられている。

心に余裕があるリッチな人は、細やかなところまで配慮できるということです。

自分の振る舞いが周りにどのように影響を与えるか想像できるということです。

たかがゴミ、されどゴミ。

自分が生活する上で生じたものですから、自分を支えてくれているということでもあります。

それを最後の最後まで丁寧に扱う。

そういったものを大切にできるから、大切な家族や友人、自分の仕事など、あらゆるものを大切にできるのではないでしょうか。