人生の目的から考えた昼休憩をとっているか

ランチ

仕事の休憩、どんな風に過ごしていますか?

仕事中のつかの間の休息。

オフィス周辺をブラブラして気になるお店をのぞくのもよし。

自席でネットサーフィンをするのもよし。

同僚とおしゃべりに興じるのもよし。

好きに過ごせばいいんです。

しかし!

大抵は1時間くらいは休憩があるでしょう。

貴重な時間だと思いませんか?

1日24時間のうちの1時間。それをもっと有意義に使ってみませんかという話です。

人生の目的から考えた昼休憩をとっているか

ただ昼食を食べて、ボーっと時間を過ごすのはもったいない。

せっかくのまとまった時間があるのなら、目的を持って行動するだけで、昼休憩の過ごし方が変わります。

例えば、

  • ブログ執筆
  • 読書
  • 資格の勉強
  • 昼寝

ポイントは、意識しているかどうかです。

ただ漫然と過ごすのではなく、目的を持って昼休憩を過ごせるかどうかです。

「え〜、せっかくの休みなんだから自由でいいじゃん」

そうです。自由でいいんです。

ですが、ほとんどの人は無目的に過ごしています。

ということは、目的をもって何かに打ち込めば、成し遂げる確率が高くなります。

たかが昼、されど昼。貴重で自由な時間だということです。

仮に、15分で昼食を食べたとしても、残り45分あります。

週5日で1年を50週と考えると、

45分×5日×50週=11250分

11250分=187.5時間

187.5時間=約8日

たった8日か!と思われるかもしれません。

しかし、30年続けたとして約240日、ほぼ1年分です。

この時間をボーっと過ごすのと有意義に過ごすのでは、結果は大きく違ってくると思いませんか。

この昼休憩の時間をうまく使うだけで、何かできそうな気がしてきませんか。

「ブログを書く時間がない」と嘆くのであれば、この時間に書いてみるのも良いでしょう。

1週間あれば、1本は書けるはずです。

「本を読みたいけど読む時間がない」というのであれば、読書もおすすめです。

1〜2週間あれば、昼休憩だけで1冊は読めるはずです。

眠気が襲ってきて、どうしても寝たいときは、昼寝もありです。

シエスタ(昼寝)は仕事の効率を上げる効果もあるそうです。

まとめ

言いたいのは、漫然と過ごさないということです。

貴重な時間ですから、何か目的を持って昼休憩を過ごしてはいかがですか。