玄人向けのキーボード「HHKB Professional BT」を買いました。外観レビューとファーストインプレッション

PFUのキーボード「Happy Hacking Keyboard Professional BT」の「白」を購入しました。前から気になっていたキーボードで結構なお値段がするのでなかなか手を出せずにいたのですが、新年も迎えたことだしということで買ってみました。

少しだけ使ってみた感想を紹介したいと思います。確かにクセになる打ち心地でこれはハマりそうです。

スポンサーリンク

HHKB Professional BTはクセになりそうなキーボード

190106 hhkb 2
こちらがHHKB Professional BTです。PFUから販売されているキーボードで静電容量無接点方式を採用しており、軽いタッチでタイピングできる人気のキーボードです。カラーは白と墨(黒色)があり、価格はなんと29,700円という超高価なキーボードです。

190106 hhkb 1
「BT」という文字が超カッコいいです。テンキーレスなのでコンパクトな箱で届きました。

190106 hhkb 3
こちらが中身です。キーボード本体と単三乾電池2本、取扱説明書というシンプルなものになっています。

Micro USBで給電できるのですがMicro USBケーブルは入っていませんので、自分で用意する必要があります。ちなみに乾電池で動くのでケーブルがなくても大丈夫です。

190106 hhkb 14
こちら外観。デザインは昔ながらのキーボードって感じでレトロさを感じさせてくれますね。

190106 hhkb 9
横から見たところ。思っていたよりも高さがあり、キーは段差があります。

190106 hhkb 5
上部には電源スイッチ、電池ボックス、Micro USBコネクタがあります。

190106 hhkb 6 190106 hhkb 4

190106 hhkb 7
裏面の四隅には滑り止めと、高さを3段階で調整できるチルトがあります。

190106 hhkb 12
DIPスイッチというキーボードの設定の切り替えができるスイッチがあります。

190106 hhkb 13
HHKB Professional BTはWindowsでもMacでも両方使えるのですが、裏面のDIPスイッチの「1」をONにすることでMacのキー配列に対応して使うことができます。他に僕は「5」をONにすることで左「Alt」を「command」として使える設定にしています。

独特の打ち心地がクセになるキーボード

190106 hhkb 10
静電容量無接点方式が採用されており、簡単にいうとキーを最後まで押し込まなくても反応してくれるので軽いタッチで打ち続けることができます。

確かに最後までガッと打たなくても軽くサーと流す感じで打っても全然文字が打てます。

ガチャガチャとうるさい感じの音ではなく「コトコト、ポコポコ」という感じで比較的静かな音がします。コンビニのATMに近い感じです。

プラスチックのキーを打っているはずなのに柔らかさを感じる不思議な打ち心地です。これはクセになりそう。

キーの位置が高いのでパームレストが必要

190106 hhkb 15

キーが高い位置にあり、段差にもなっています。

慣れないせいもあるのかもしれませんが、数時間タイピングしただけで腕の筋肉が痛くなりました。普段使っているMagic Keyboardでは使わない筋肉を使ったということなんでしょうか。

手首を反らせる感じになるのでパームレストが必要ですね。このブログ記事もHHKB Professional BTで書いているのですが、たまらずバスタオルを巻いてパームレスト代わりにしています。こうするとラク。

キーの押し込みはラクなのですが、キーの高さがあるので疲労軽減にはならないのかもしれません。

それから、最初はキーの高さに慣れていなくてキーの角に指を当てていたのですが、慣れるとこれは気にならなくなりました。

充電式ではないので要注意

これは僕の思い込みだったので買う前によく調べろって話ですが、Bluetoothだから充電式かと思っていたら充電式ではありませんでした

乾電池で動作します。単三乾電池2本で約3か月使えるとのこと。Micro USBによる給電はできますが、そのときはMicro USBケーブルにつないだままにしないと使えません。

Magic Keyboardと比べてみて感じたこと

190106 hhkb 8

僕はMacBook Proを使っています。そのバタフライキーボードやApple純正のMagic Keyboardに慣れているとかなり違和感がありました。

190106 hhkb 16
Magic Keyboardと並べてみたところです。見ての通りこんなにも高さが違います。

なので、ホームポジションに指を置いただけで手首への負担が違います。

バタフライキーボードは真っ平らですし、Magic Keyboardも角度はありますが平らです。なので平面をパチパチ叩いている感じだったのが、HHKB Professional BTは段差があり、押し込む感じになるのでかなりの違和感があります。これはMacに慣れているとHHKB Professional BTに慣れるまで時間がかかるかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ:確かに打ち心地が良い。でも慣れが必要。そしてハマる人にはハマりそう

190106 hhkb 11

というわけで、HHKB Professional BTを少し使った感想を書きました。

コンパクトなキーボードでかなりシンプルなのがいい感じです。

打ち心地は確かに小気味良く、ちょっとした快感になります。

でも、感覚としてはタイピングスピードが上がるわけでもなさそうですし、疲労が軽減されるわけでもなさそうです。むしろ腕への負担は大きいかも。

そこらへんを踏まえてもタイピングが気持ち良くなるキーボードなんだと思います。

このブログ記事もHHKB Professional BTで打ってみたのですが、慣れない部分もありつつ、でも気持ち良かったです。

これは自分で実際に確かめてみないことにはなんともいえないですね。僕も実際に触ってみて「あ〜なるほど、こういうことか」と腑に落ちました。

慣れるまで時間がかかりそうですが、しばらくこのブログ記事もHHKB Professional BTで打ってみたのですが、慣れない部分もありつつ、でも気持ち良かったです。を使っていきたいと思います。

また、しばらく使ってみた感想を書きたいと思います。

これは確かに手放せなくなりそうな予感。

プロフィール画像

スポンサーリンク