Logicoolのワイヤレスキーボード「CRAFT」ファーストインプレッション

前回、「玄人向けのキーボード「HHKB Professional BT」を買いました。外観レビューとファーストインプレッション」という記事でPFUの「HHKB Professional BT」を購入したことを書きました。病みつきになる打鍵感のキーボードでタイプするのが楽しいです。HHKB Professional BTは自宅用のMacBook Proにつなげて使っています。

一方、仕事で使っているWindowsパソコンのキーボードはLogicoolの「K270」を使っています。価格も安く、軽い打鍵感でとても使いやすいです。

Logicoolのワイヤレスキーボード「K270」は軽くて使いやすい

2019年はキーボードにもこだわっていきたいと思っているので、今回はLogicoolの「CRAFT」を購入しました。ファーストインプレッションをお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

Logicoolのワイヤレスキーボード「CRAFT」

190114 logicool craft 1
こちらかLogicoolのワイヤレスキーボード「CRAFT」です。Logicoolのフラッグシップモデルでクリエイティブ入力ダイヤルがあるのが特徴です。価格は23,750円(税抜)で高価なキーボードです。Amazonならもう少し安く買えます。

190114 logicool craft 2
中身は、キーボード本体、Unifyingレシーバー、USB-C充電ケーブル、取扱説明書が入っています。

パソコンとの接続方法は付属のUnifyingレシーバーをUSBポートに差すか、Bluetooth接続ができます

また電池的ではなく充電式でUSB-Cケーブルで充電できます

190114 logicool craft 10
こちらが「CRAFT」のキーボード本体です。

真っ黒なキーボードを想像していたのですが、漆黒という感じではなく、薄めのブラックでグレーに近い感じです。安っぽい感じではなくマットで高級感があります。

190114 logicool craft 8
横から見たところです。このように少し傾斜があるで打ちやすくなっています。裏面には滑り止めがついています。

重量は公式には960gで、僕が量ったところ945gでした。いずれにせよ重いキーボードで、持ち運びではなくガッチリ据え置きで使う感じですね。

190114 logicool craft 9
キーボード上部には電源スイッチとUSB-Cポートがあります。

現在、僕が仕事で使っているキーボード「K270」は乾電池式なので数か月は使えるのですが、いきなり乾電池がなくなり使えなくなってしまったことが何度かありました。

それに比べて「CRAFT」は充電式なので、充電がなくなれば充電ケーブルをつなげはいいので充電の心配がないのがうれしいところ。

キーの中央がくぼんでいる

190114 logicool craft 3
CRAFT」の特徴のひとつがキーの中央がくぼんでいることです。キーの中央に指を乗せやすく、ホームポジョンが取りやすいです。意識せずとも自然と中心にくるので打ちやすいです。

打鍵感もガチャガチャする感じではなく、カチカチした感じなので心地良く、タイプ音も抑えられています。

新しいクリエイティブ入力ダイヤル

190114 logicool craft 4
そして「CRAFT」の一番の特徴がキーボード左上にある「クリエイティブ入力ダイヤル」と呼ばれるクルクル回すダイヤルが付いていることです。

デフォルトでは音量の調節ができるのですが、使うアプリケーションによって操作を割り当てることができます。Excelであれば水平スクロールにしたりすることができます。

回転させるだけでなく、押すこともできるので、いろいろと活用できる場面はありそうです。

Adobe製品で効率化を図るのが主な役割になっているようです。

片手で持ちにくいのが惜しい

190114 logicool craft 6
使ってみて感じた惜しいところは片手で持ちにくいことです。

キーボードの幅は僕の片手で持てない幅ではないのですが、キーボードの手前側にデスクとの隙間がなく親指を入れにくいというのもありますが、それにも増して表面が滑りやすいので力を入れてもスルッと滑ってしまいます。

Apple製の薄いMagic Keyboardは持てるのに、それより厚い「CRAFT」は持てないという不思議な状況。

シンプルでコンパクトなワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」を購入しました

デスク上で頻繁にキーボードを動かす僕としては、かなり使い勝手が悪そうです。両手で持った方が良さそうですね。

スポンサーリンク

まとめ:Logicool「CRAFT」は効率化の鍵を握るキーボード

190114 logicool craft 11
というわけで、Logicoolのワイヤレスキーボード「CRAFT」を紹介しました。

キーの中央がくぼんでいるのでタイプしやすいですし、打鍵感も軽くカチカチした感じで打ちやすいです。こういう少しの違いで作業は大きく変わります。気持ちよくタイプできるって大事。

クリエイティブ入力ダイヤルはマウスで操作していたことをダイヤルで操作できるので、作業効率のアップにつなかるんじゃないかと思っています。

いろいろ試していきたいですね。

2019年の年明けから2つもキーボードを買ってしまいました。しかも高価なやつを。元を取るくらい頑張ってタイプせねば。

プロフィール画像

あわせて読みたい

スポンサーリンク