シンプルでコンパクトなワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」を購入しました

前回、MacBook ProのUSB Type-Cに対応している4Kディスプレイが欲しいという記事でも書いたとおり、自宅の環境も仕事場に近い形にしたいと思い、外部ディスプレイの導入を検討しているところです。

ディスプレイは決して安いモノではないので、すぐに手を出すことは難しいのですが、まずはキーボードとトラックパッドから導入しようと思い、Apple純正のワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」を購入しました。

実はMacBook Proのバタフライキーボードがたまに「H」や「N」などの中央部分の反応が悪いときかありました。どうやら不具合があるらしいので、それも解消するために購入したというのもあります。

では、紹介していきましょう。

Magic Keyboardを購入しました

180816 magic keyboard 14

こちらがAppleのMagic Keyboard(マジックキーボード)です。箱からしてかなり小型です。

ちなみに、テンキー付きのキーボードもあるのですが、あまり使いそうにないのと、コンパクトさを求めているので、テンキーのない通常のMagic Keyboardにしました。

180816 magic keyboard 10

僕は親指シフトで文字を入力しているのでJIS配列のキーボードにしました。お値段は10,800円(税別)です。

180816 magic keyboard 2

同梱物は、Magic Keyboardの他にLightningケーブルと取扱説明書のみのシンプルなものになっています。

180816 magic keyboard 5

コンパクトでシンプルなキーボード

180816 magic keyboard 13

キーボードはコンパクトでシンプルなキーボートですね。キー以外に余計なスペースがありません。かなりの省スペースですね。

裏面はこんな感じでAppleのロゴがあります。
180816 magic keyboard 1

横から見たところです。キーボードというよりも、ほぼ板って感じですね。微妙に傾斜しているので打ちやすくしています。
180816 magic keyboard 12

充電式の内蔵バッテリー

180816 magic keyboard 8

Magic Keyboardの特徴が充電式であること。Lightningのポートが上部にあるのでここから充電することができます。2時間の充電で約1か月もつとのこと。これなら充電をほぼ気にすることなく使えます。電池式じゃないのが嬉しいですね。

180816 magic keyboard 11
iPhoneやiPadのものと兼用できます。

ペアリングも簡単

180816 magic keyboard 9

ペアリングも簡単にできます。電源ボタンも本体上部にあるので、電源をオンにします。

Macの「システム環境設定」の「キーボード」を選択します。
180816 magic keyboard 16

「Bluetoothキーボードの設定」から
180816 magic keyboard 17

「Magic Keyboard」の「接続」を選択すると簡単にペアリングできます。
180816 magic keyboard 18

電池の残量は、同じく「キーボード」のところで確認できます。
180816 magic keyboard 15

使ってみた感想

180816 magic keyboard 6

MacBook Proと矢印キーを含め配列は同じなので、そこまで違和感なく打ち込むことができます。若干キー同士の間が広いので少し慣れが必要です。

MacBook Proのバタフライキーボードに慣れているとキーの厚みを感じますし、カチャカチャ音がすることに違和感を覚えます

まぁ、でもこれはすぐに慣れると思います。 MacBook Proの画面から離れてキーを打てるので姿勢が良くなりますし、打ちやすいポジションですね。

180816 magic keyboard 4

まとめ

180816 magic keyboard 7

Appleのワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」を紹介しました。第一印象としてはかなり使い心地が良くなったと感じています。

シルバーとホワイトの本体はシンプルさを醸し出しますし、コンパクトで、特に横幅がないので両手でサッと持って移動させることができます。

こうやって少しずつ環境を整えていきたいところですね。