走力向上!インターバルトレーニングをやってみよう!

ランニング

どうも、うるふぁ(@urupha)です。

毎日ランニングをしていると、どうもマンネリ化してきます。決まった距離を同じペースで走っているとどうしても飽きてくるんですね。

もっというと、いつも同じようなペースで走っていても走力は向上しません。

そんなマンネリ打破、走力アップのためにインターバルトレーニングをオススメします。

走力向上!インターバルトレーニングをやってみよう!

インターバルトレーニングとは?

ランニングにおけるインターバルトレーニングとは、急走と緩走を繰り返すことです。

急走は100〜200mの距離を8割からほぼ全速力で走り切ります。

そして同じくらいの距離、または60〜90秒くらいを緩走(ジョグ)により体力を回復させます。

これを10〜20本くらい繰り返し行います。

場所として一番理想なのが陸上競技場のトラックです。距離がわかりやすいですし、400mのトラックであればトラックの半分を急走、残り半分を緩走できます。

それもなかなか難しいので、公園の周りなどの周回コースをトラックと同じように使うか、あるいは往復コースとして行きを急走、帰りを緩走とすることもできます。

つまり、いつものランニングコースでできるというわけです。

インターバルトレーニングのメリット・効果

体に負荷をかけることができる

このインターバルトレーニングは、完全に休まないところにポイントがあります。立ち止まったり歩いたりしないので、常に一定数以上の心拍数を維持することになります。

そうすると心肺機能が鍛えられますので、レース後半にバテにくく最後まで走り切る力が鍛えられます。

スピードを鍛えることができる

また、普段味わえないスピードを体感することができます。

ランニングであれば、ゆっくり走るのが普通ですが、それだと体がゆっくりのスピードしか覚えません。

ですから、意図して速いスピードを出して体に覚えさせることでレースに対応できるようにします。

インターバルトレーニングは気持ちいい!

ぼくは毎週末、このインターバルトレーニングをやっています。

普段、速いスピードを体感することがないので、走ってみると新鮮ですし、やっているときは正直しんどいですが、走り終えてみると達成感がありますし、心地いい脱力感も生まれます。

普段、ランニングしかしていないのであれば、体に刺激を入れるつもりでやってみてはどうでしょうか。

3本くらいから始めてもいいでしょう。新鮮ですよ!