【広島】iPhone Xで広電に乗れるかやってみた!

僕が住んでいるのは広島県広島市で、普段の移動にはクロスバイクを使っています。

広島市内だと、バスや電車などの公共交通機関よりも自転車の方が小回りが利き、お店にふらっと立ち寄ることができるので便利です。

でも、雨の日だと自転車に乗ることができないので、そんなときは主に路面電車(広島電鉄)を利用しています。

乗車するときにはICカード「PASPY(パスピー)」を利用していますが、つい最近知ったのが、PASPYの利用エリアの全国相互ICカード利用です。PASPY以外の全国のICカードが使えるようになったわけです。

つまり「Suica」も使えるわけです。iPhone XのApple PayにSuicaを登録すれば、iPhone Xで広電に乗ることができるということに今更ながら気づきました。

Suicaアプリを使えばiPhone Xで広電に乗れる!

iPhone XにSuicaアプリをダウンロードします。

最初はSuicaカードを持っていないとApple PayでSuicaを使えないのかと思っていたのですが、どうやらそうでもないようです。

Suicaカードは持っていなくても、このアプリから発行することができます。東日本まで買いに行かずに済みました。笑

で、WalletアプリにSuicaを登録すると、iPhone XでSuicaを使えるようになります。

試しに広電に乗ってみたのですが、iPhone Xをロックしたままでもカードリーダーにかざせば乗車処理されました。すごい!

降車するときも同様にカードリーダーにかざせば運賃を支払うことができます。すごく便利になりました。

今までは、僕は長財布の中にPASPYを入れていて、そのままタッチしていました。長財布なので片手で持ってタッチするには少し大きいですし、かといって毎回カードを取り出してタッチするのも面倒。

でもiPhone Xになれば片手サイズなので、ポケットからサッとかざせるので便利になりました。

チャージ残高が少なくなっても、 Suicaアプリの中でチャージできます。現金いらずですね。

ただし、注意点があります。PASPYを使った場合、運賃が10%割引されていたのですが、Suicaだとその割引は適用されません。僕はそんなに頻繁に乗るわけではないので、割引がないのはあまり気にしません。それよりも財布が軽くなる方が嬉しい。

また、「大人2人」「大人1人と子供1人」など、複数人利用の場合は対応できないようです。

まとめ

これで財布の中に入っていたPASPYを持ち歩く必要がなくなりましたので財布が軽くなります。iPhone Xだけで広電に乗ることができるのでとても楽になりました。

それでは、また!