10.5インチiPad Proを手に入れて生活はどう変わったか

180821_ipad-pro

10.5インチiPad Proを購入してからというもの、最初は使い慣れないためか、iPad Proを触る日と触らない日がありました。今まで馴染みがなかったので、ほったらかした次の日にちょっと触ってみようかなと思い立ち、たまにいじるという感じでした。

でも、最近では自分の中で使い方が明確になってきたので触れる機会が増えてきました。ほぼ毎日手にするようになり、iPad Proを使うことが増えてきました。

そこで今回はiPad Proを購入することで、生活にどのような変化が起きたか書いておきたいと思います。

ネットからの情報収集が気軽にできるようになった

基本的にはブラウジングが多めの使い方なので、ネットを閲覧することが気軽にできるようになりました。

わざわざパソコンを開く必要もないので、サッとiPad Proを手に取り、サッと読んでみる。Feedlyで購読しているブログを見るなど、素早く情報に触れることができるようになりました。

また、片手で持てるので気になった記事は、本や雑誌を読む感じで読み込むことができます。ここがパソコンとの違いですね。パソコンのディスプレイを覗き込むように読むのって結構しんどいんですね。

仕事であれば、読み込みたいときはわざわざプリントアウトしています。

自宅ではそうもいかないんですが、このiPad Proであればそれに近い感じで読み込むことができます。片手で持って自分の顔の前に掲げる。こんな感じで読むと僕の場合は頭に入ってきやすい。そう感じています。

iPhoneよりも画面が大きいので、文字が大きくて読みやすいです。ここも大きなポイント。スマホで閲覧することが多いようであればタブレットを持っているだけで、その読みやすさは一段と高まります。これだけでも手にするメリットはあるように感じます。

でも、本や雑誌はiPad Proだと読みにくいですね。どうしてもデジタルのテキストを読んでいるという感じなので、その本の世界観や雑誌の雰囲気がどうも伝わりにくい。単純に文字が小さくて読みにくいというのもあります。雑誌をパラパラとめくるあの感じがいいんですね。

まとめ

結局「Pro」と付くくらいなので、値段も値段ですし、iPad Proはプロ仕様だと捉えた方が良さそうです。

要は仕事で使わざるを得ない人向けですね。移動が多い、荷物を軽くしたい、紙を極力扱いたくない、そういった人に向いている端末ですね。そういう人にはおすすめです。

あとは自宅にパソコンがなくて、スマホしかない、というような場合にはiPadがあると便利に感じるでしょう。

いろいろ試してみた結果、僕の場合は情報収集メインで使っていくことになりそうですね。