僕が10.5インチiPad Proを買った理由

iPad Pro

僕はタブレット端末というものを持っておらず、特にその必要性も感じていませんでした。「iPhoneが大きくなったもの」くらいにしか感じておらず、それなら必要ないかなと。

ですが、「Apple Pencil」が登場してからというもの、「iPad Proもいいのではないか」と思い始めるようになりました。

デジタルメモとして使えるんではないかと思ったんですね。

それなら試してみようということで、思い切って10.5インチiPad Proを購入しました。

ノートパソコンの性能を超えるといわれるiPad Proですが、あまりマルチな使い方を求めると、僕の場合、結局使わなくなるんではないかと思うんですね。

なので、デジタルメモとして使えるかどうかを試してみたくて購入しました。

10.5インチiPad Proを購入しました

箱からさえもiPad Proの美しさが分かります。
171231 ipadpro 04

ちなみに、シルバーの64GBを購入しました。

使ってみて、真っ先に気がつくのが、こんなにも画面がキレイになっているのかということ。きめ細かくて、とても滑らかです。感動!
171231 ipadpro 1

iPad Proの裏面はこんな感じです。カメラの出っ張りが気になるんですが、カバーを着けると平らになるので、置いた状態でもガタつきません。
171231 ipadpro 2

Apple Pencilも購入した

そして、無くてはならないのが「Apple Pencil」です。
171231 ipadpro 5

そもそもiPadのスタイラスペンって、ペン本体が太くて、ゴテゴテしている印象が強いのですが、このApple Pencilは白くて細長い、とても洗練されたペンになっています。こういうのが好き。
171231 ipadpro 3

メモが最高に捗る

純正のメモアプリでも、ペンで書いた後の遅延もなくキレイに文字を書けます。こんなにも正確にデジタルで手書きできるのはすごいですね。

1本のApple Pencilのみでペン先の色を替えることができますし、蛍光ペンや鉛筆など、ペン先も選択することができます。これは快適!

これがら、仕事のメモとして使えるかどうか試してみたいと思います。

あわせて読みたい