iPhone 12 miniのミニマルなケース。CASEFINITEの「Frost Air(フロストエア)」

フロストエア

前回の「iPhone 12 miniを買いました。」という記事で紹介したとおり、2年ぶりにiPhoneを買い替え、iPhone 12 miniにしました。

で、次に悩むのがケースを何にするのかということ。

前使っていたiPhone XSでは、TORRASのケースを使っていました。

でも、このケースにはブラックしかなく、今回はホワイトのケースにしたかったので、別のものを探していました。色々と探していたところ、CASEFINITEのFrost Air(フロストエア)というケースが良さそうだったので購入してみました。

結論からいうと、とても薄く、ミニマルなデザインも良く、満足のいくケースでした。

iPhone 12 mini ケース「フロストエア」

210109 frost air 5

こちらがCASEFINITEのフロストエアです。カラーは「スモークブラック」と「アイスホワイト」の2色があり、僕は「アイスホワイト」を購入しました。

210109 frost air 6

ポリプロピレン素材で作られており、極限まで薄くできています。その厚さは0.6mmで、重さは6gということで、ほとんどケースとして存在していないかのよう。

フロストエアは軽くて薄いミニマルなデザイン

210109 frost air 10

実際にはめてみたところです。ロゴが入っていなくてシンプルなデザインです。完全な透明ではなく、擦りガラスのようでカッコいいです。iPhone 12 miniのホワイトの良さが増しますね。

表面はサラサラしていて、指紋が付きにくいです。

210109 frost air 3

サイズ感がピッタリで、左右のボタンともツラが合っているのがとても気持ちいいです。

210109 frost air 4

カメラ周りの縁も若干高いのでレンズを傷つける心配がなさそうです。こういうところまで設計されているのがすごいですね。

フロストエアの惜しいところ

このフロストエアはそこまで柔らかい素材ではないので、iPhone 12 miniを装着するのが割とシビアです。。サイズぴったりに設計されていて、しかもケースのエッジに溝がないので、少し手間取りました。

210109 frost air 7

力ずくでやろうとした結果、ケースが折れちゃいました。ポリプロピレン素材にありがちな白い線が入ってしまいました。これは完全に僕のミスなのですが、ケースがかなり薄いので、着脱の際は優しく丁寧に扱いましょう。

それから、若干滑りやすいです。手に吸い付くというよりもスルスル滑る感じなので、片手で持っていると勢い余って落としそうになります。

しかも、素材が薄いので、落としたときが心配。外で使うときは雑に扱わず、大切に使いましょう。

まとめ

210109 frost air 9

というわけで、今回はCASEFINITEのFrost Air(フロストエア)というケースを紹介しました。

デザインがミニマルでiPhone 12 miniのホワイトにマッチしていますし、薄くて軽いので持ち心地が本体そのままな感じです。

iPhone 12 miniの良さを生かすケースになっています。しばらくはこれを使っていきたいと思います。

スポンサーリンク