いま大切にしたい「惻隠の情」という言葉

蓮

どうも、うるふぁ(@urupha)です。

最近、気になっている言葉があります。

とあるコラムで紹介されていましたので、今日はその言葉について考えてみたいと思います。

日本人の中から消えつつある言葉「惻隠の情」

惻隠の情」という言葉があります。

「惻」は同情し心を痛める意味です。

「隠」は深く心を痛める意味です。

相手を哀れに思い同情するということになります。

つまり、思いやりを持つということです。

コラムにはこの「思いやりの心」が、いま日本人の中から消えつつあるのではないかと書かれていました。

人はともすれば、自分中心に考え、自分だけが良ければいいと考えがちです。

自分が一番大切だというきは人間の本能でもあります。

しかし、それが行き過ぎると、平気で人の悪口を言ったり、人を困らせることをしたりすることもあるわけです。

自分本位で振る舞う。

これは子どもに限らず、大人でも一緒です。

車を運転しているときに無理矢理割り込んだり、街中でタバコをポイ捨てしたりすることがそうでしょう。

最近ではネットで人を叩くということも増えています。

少しのことで悪口を言い合ったり、炎上させたりしてしまう。

あまり良いことではありませんね。

大切なのは想像力

そんなときに大切にしたいのが想像力を持つことです。

相手がどう思っているのか、少しでいいから想像してみる。

相手がどんな気持ちなのか考え、少しだけ寄り添ってみる。

でもなかなか難しいかもしれません。

ですから、少しでいいから自分の心に余裕を持つことです。

いっぱいいっぱいになっている人というのは自分だけに注目しているので、周りを見る余裕がありません。

周りが見えなくなると、自分本位になってしまいます。

自分の心に相手の気持ちを想像できる余裕を持つこと。

そうすれば「惻隠の情」を大切にできるのではないでしょうか。