仕事用のメモ帳には「キョクトウWリングノート」が超おすすめ!

リングノート

前回は、ぼくの仕事用のメモ帳の変遷について書きました。

ぼくの仕事用メモのメモ

今日はその中で、辿り着いた自分にとってのベストなノートを紹介します。

キョクトウWリングノート(無地)のいいところ

ぼくは「キョクトウWリングノート」をおすすめします!

リングノートは折りたためる

リングノートは折りたためるので便利です。

綴じノートだと折りたたんだときに、膨らんでしまうので書きにくいですね。立ったままメモするには非常に苦慮します。バランスが悪いんですね。

さらに、ぼくはメモ用のノートは常にデスクに出したままにしておいて、すぐに書きたいわけですが、綴じノートだと折りたたんだまま置いておけないんですね。

ノートを閉じておくか、開いたままにしておくか。閉じたままだと、メモするために開いたときに、次に書き始める箇所からすぐ書き始められないんです。

また、開いたままだとデスクの場所も占領してしまいます。

でも、リングノートだと折りたためるので、立ったときも書きやすいです

しかも、このキョクトウのリングノートは表紙がプラスチックでできていて硬いので、立って書くときにとても書きやすいです。安定感バツグン!

さらに、デスクの場所も取らずに置いておけます

ぼくはデスクの右奥に置くようにしています。そうすれば、書くときにすぐに書くことができます。

しかも、「Wリング」ですので、リングが二重なわけです。

普通のリングノードだと、リングが一本だけですので、ふにゃふにゃしてしまって使い心地が悪いことがあります。

しかし、このノートはガッチリしていますので、折り畳んでも丈夫です。

紙がさらさら

紙質がいいので、すらすら書けます

普通のノートだと、ちょっとザラついていて、摩擦を感じるのですが、このノートの紙はさらさらしています。

ぼくの愛用するペン、「ジェットストリーム」との相性もバツグンにいいです。

参照:最高に書きやすいボールペン「ジェットストリーム」のすすめ

非常にメモするには向いている紙だと思います。本当にどんどん書けます!

まとめ

価格は450円(+税)するので、普通のノートからするとちょっとお高いかもしれませんが、80ページもありますのでたっぷり使えます。

ドット、罫線、無地の種類がありますが、無地が使いやすいです。

ぼくは考え事をしたりするのに、いろいろ文字だけでなく、図とかも書きますので、できるだけ自由がいい!

というわけで、無地を使っています。

サイズは、A4、B5、B6がありますが、ぼくはB5サイズを使っています。

丁度いい大きさなんですね。大きすぎず、小さすぎず、メモするには丁度いいサイズです。

結構使っていますが、本当に重宝しています。病みつきで離れられそうにないです。

このノートはおすすめですよ!

スポンサーリンク