「ユニボール シグノ」の0.28mmと0.38mmと0.5mmを書き比べてみた!

どうも、ぼく(@urupha)です。

デザインもシャープでカッコよく、なおかつゲルインクで書きやすいボールペン「ユニボール シグノ」ですが、極細シリーズには「0.28mm」と「0.38mm」と「0.5mm」があります。

今日はこの違いについて書き比べをしてみました。

「ユニボール シグノ」の0.28mmと0.38mmと0.5mmを書き比べてみた!

▼こちらがユニボール シグノです。
161103 uni ball signo 1

▼よく見るとキャップに違いがあります。0.28mmと0.5mmのキャップだけクリアですね。(それにしても、「超極細」とか「極細」というのはちょっとカッコ悪い。太さだけでいいように思います。)
161103 uni ball signo 2

161103 uni ball signo 5

書いてみた

▼書き比べてみると、0.5mmは明らかに違うというくらいに太さが目立ちします。0.28mmと0.38mmにはそこまでの大きな違いは見られませんでした。
161103 uni ball signo 3

▼手帳に書いたところ。ここでも0.5mmで手帳に書くと、無理してるな感があります。0.38mmでも手帳には十分書けます。
161103 uni ball signo 4

0.28mmや0.38mmは、ペン先が細いので書くときに引っかかりやすく、あまり素早くは書けません。細かい部分に書くのに適しています

一方、0.5mmは他の2つに比べて明らかに書き心地が違います。太めなので引っかからずに滑らかに書けます。手帳などの細かいところには適しませんが、メモを書いたり、アイデアをふくらませるために書くのであれば0.5mmがいいです

色の種類

[table “3” not found /]

一番オールラウンドでバランスがいいのは0.38mmですね。書いた文字を見た目的にちょうどいいですし、0.28mmほどガリガリ書くわけではないので書きやすいです。手帳やメモにも適していますので一番使い勝手がいいです。

ぜひ、お試しあれ!