新感覚!流れるように書ける「ユニボール エア」でメモ書きやアイデア出しも捗る!

ユニボールエア

こんにちは、うるふぁ(@urupha)です。

いままでにない書き味の「ユニボール エア」という水性ボールペンを購入したので紹介します。

ボールペンでありながら、万年筆のような、サインペンのような不思議な感覚。

少なくともボールペンの概念は打ち破ってくれました。書き味が良いのでメモ書き、アイデア出しにおすすめです。

新感覚!流れるように書ける「ユニボール エア」でメモ書きやアイデア出しも捗る!

▼こちらが三菱鉛筆の「ユニボール エア」です。キャップの先端からクリップにかけて同一のパーツでできています。流線型のボディがまるで近未来を彷彿とさせるような新しい形ですね。ウルトラマンっぽい。
161228 uni ball air 1

▼黒いボディに特徴ある模様が入っていて珍しいですね。ボディが黒いと引き締まった印象を受けます。
161228 uni ball air 2

ペン先が特徴ある樹脂素材

▼ユニボール エアの特徴の1つが、ペン先が金属ではなく樹脂でできていることです。
161228 uni ball air 4

紙との摩擦が減ることで滑らかな書き味を再現しています。

161228 uni ball air 8

筆圧に合わせて線の太さが変わる

ユニボール エアの最大の特徴が、新開発チップにより筆圧に合わせて描線の太さが変わることです。

ペンを立てて軽く書けば細くなりますし、傾けて強く書けば太くなります。これがボールペンを超越した新感覚ですね。もはや水性ボールペンとはいえない。
161228 uni ball air 9

ただのボールペンというよりも、書いた文字にインクの濃淡が出るのは万年筆に近いですし、書き心地はサインペンに近いですね。

メモ書きするときは少し力が入りますので、ちょっと線は太くなります。ここらへんがサインペンを使っているときに似ている。

個人的な感覚としては、ペン先の擦れ具合はクレヨンを書いているような、少しずつ削れているような感覚を覚えます

もちろんペン先が削れているわけではないのですが、新しい樹脂素材のペン先がそう感じさせてくれるのかもしれません。

161228 uni ball air 5

新感覚のボールペンをお試しあれ

161228 uni ball air 6

今回買ったのは0.5mmです。もう1つ0.7mmもあります。

色は黒・赤・青の3色です。

使っていると太くなる場面が多いので、手帳やノートに細かく書くというよりもメモ書きを大胆にしたいときに重宝します。

「空気のように軽く書ける。」というのがキャッチフレーズで、アイデア出しなどでガンガン書きたいときに活躍してくれます。

ペン先を走らせることに関してはかなり上位に食い込むペンなので、「ゼロ秒思考」に使えます。

ガリガリ書けるVコーンよりもペン先が走ります。「エアー」って単語が似合うくらい。

余談ですが、ペン先のソフトカバーが使っているとなじんでくるということなのですが、使い切りタイプなのが惜しいところです。

できるのかどうかはわかりませんが、使い込んだペンを捨てることにならないので、替え芯があるとうれしいところですね。

新感覚の水性ボールペン「ユニボール エア」をお試しあれ。

この新しい感覚は使っているとワクワクしてきますよ!