iPhone Xを1か月使ってみた感想

iPhone

2017年11月の終わりに「iPhone X」を手にしてから約1か月が経ちました。

今までiPhoneは最新のものを手にすることはなく、型落ちしたもので十分だと思っていたのですが、このiPhone Xは、iPhone10周年ということで、今までと大きくデザインが変わりました。

なので、興味もあり買ってみたわけですが、想像していたよりも満足度が高かったので、その感想を書いてみたいと思います。

手に馴染む大きさ

iPhone Xは、僕が以前使っていたiPhone 6sよりも一回り大きくなっています。

iPhone 6sでもそれ以前の型と比べると大きくなった方ですが、それでも手で包み込める感じでした。

iPhone Xは横幅がちょうどイイ感じで、手にハマるって感じですね。このサイズ感は絶妙で、とても手に馴染んでいます。

ただ、縦幅はちょっと長く感じるので、対角線に親指を動かすときは、少し難しく感じます。たまに落としそうになりますね。

Face IDは確かに便利

賛否両論あるFace IDですが、僕の場合はとても使いやすくなったと感じます。

Touch IDも十分便利だったんですが、指をいちいちホームボタンに置くよりも、iPhone Xを持った瞬間にスワイプすれば、Face IDですぐにロックを解除できるので起動が速くなったと感じます。

でも、やっぱりマスクをしていたり、それからマフラーをしていたりして顔の一部が隠れているとFace IDは使えません。

そのときはパスコードをポチポチ打たなければならないので、しょうがないかなと思います。

全画面は近未来感を味わえる

ホームボタンがなくなって、上下のベゼルもなくなり、すべてが画面になりました。そして超キレイですね。

すごくキメが細かくなっています。この没入感はハンパない。未来が待っているって感じです。

画面の四隅が丸いことに慣れると、途端に前のモデルが野暮ったく感じるのが不思議なところです。四角い画面って何なのってなります。

まとめ

他にもカメラがキレイになったなど、まだまだ進化したところはいろいろあります。

総合的に買って良かったなと感じています。確かに値段は高すぎるし、ハイスペック過ぎて持て余してしまう部分があるのは事実ですが、このiPhoneの進化を持ち歩くことができるのはうれしいところです。

触っているとワクワクしますね。さすがにしばらく買い換える必要はないかなと感じています。