Panasonicのななめドラム洗濯乾燥機「NA-VX9800L」で生活のレベルが上がった

DSC01183.jpg

以前から欲しいなと思っていたのが洗濯乾燥機です。衣類を洗濯した後に自動で乾燥までやってくれるものです。

家電屋さんに行っても、どれも値段が高くてなかなか手を出せなかったのですが、引っ越しを機に思い切ってPanasonicの洗濯乾燥機「NA-VX9800L」購入してみました。

洗濯物を干す手間がなくなったので、生活のレベルが上がったなと感じています。高い買い物でしたが、思い切って買ってよかったです。

Panasonicのななめドラム洗濯乾燥機

まずなんといっても、本体のサイズが大きいです。防水パンなどサイズが収まるかどうかは重要になってきます。

普通は購入を検討する際に測ってみると思いますが、購入していざ運んでもらうときに気づいたのが、家の出入り口と脱衣所の入り口に入るかどうかです。

我が家の場合は普通のマンションに住んでいますが、この2つの入り口がかなりギリギリでした。だから業者さん2人が上手い具合に協力しながら運んでくれたので、どこも傷つけずに済んだのですが、購入を検討する際は運んでもらうときのことも考えておいた方がいいです。

液体洗剤の自動投入が便利

今までの洗濯機であれば、洗剤を入れようと思ったら、粉末でも液体でも自分で計って入れる必要がありました。

その際、手が汚れることが多かったのですが、この洗濯機は洗剤や柔軟剤をタンクに一袋入れておけば、洗濯の際に自動で投入してくれます。

「多め」「少なめ」など設定もできますのでとても便利です。いちいち自分で手を汚してまで計る必要がなくなりました。

ボタン1つで乾燥までやってくれる

洗濯から乾燥までのコースを選べば自動でやってくれます。

洗濯物の量にもよりますが、大体3時間程度かかります。乾燥時間が思ったよりも長いのですが、洗濯物を干したりする手間を省けますし、雨の日の生乾きもありません。天候に左右されずに洗濯物が乾くのでとても便利で助かります。

夜中に洗濯機を回しておいて、翌朝にたたんだり、朝に洗濯機を回しておいて、仕事から帰ってからたたんだり、勝手に洗濯物が乾いた状態で待ってくれているので嬉しいですね。

電気代がかかるのではないかと心配するかもしれませんが、毎日使っていてもそこまで電気代が上がったと感じませんでした。

まとめ

今までは、毎日の洗濯では、洗い終えた洗濯物を干すのが当たり前でした。天気がいい日はカラカラに乾いてくれるので気持ちいいのですが、天気が悪いとちゃんと乾いてくれませんし、途中で天候が悪くなるものなら、慌てて取り込んだり、何かと手間がかかるのが普通でした。

でも、洗濯乾燥機を購入してからというもの、天候に左右されずに確実に洗濯物が仕上がるので、とても楽になりました。あまり衣服を持たずに済みますし、お金はかかりましたが、時間を節約するのには大きく役立ってくれました。毎日の服が安定することで、生活のレベルが上がった感じがしますね。

購入しようか悩んでいるようでしたら、少し頑張って購入するだけの価値があることは断言します!