アトムハウスペイントの水性アトム自然カラー「ミディアムオーク」を塗ってみた

以前、「【2×6】ツーバイシックスでPCデスクを作ってみた」という記事で書いたとおり、広いデスクが欲しくて自作をしました。

やっぱり大きなデスクだと作業スペースが広がるので快適に過ごせています。

で、デスクがもうひとつあるとさらに便利だろうなということで、自作することにしました。

前回は、ツーバイシックス材をそのまま使用したところなんですが、今回は塗装をしてみようと思います。

塗料もいろいろな種類があるのですが、水性ステインだと汚れも落ちやすく、臭いもきつくないので、アトムハウスペイントの水性アトム自然カラーミディアムオーク」を使うことにしましたので、その色の具合を紹介してみたいと思います。

どの色にしようか迷っている方にとって参考になれば。

水性アトム自然カラー「ミディアムオーク」

塗装する前のツーバイ材はこんな雰囲気です。ホワイトウッドなので全体的に白い木材です。
180825 atom 8

オイルステインでもいいのですが、臭いがきつい、汚れが取れにくい、処理が面倒、などの理由から今回は水性塗料にしました。

汚れても洗えば落ちますし、刷毛を洗うのも、うすめ液を使わなくてよく、洗剤で水洗いすればきれいになります。

早速塗ってみたところです。茶色でも焦げ茶色って感じの色ですね。
180825 atom 2

ムラなく塗れば数時間で乾きます。手で触れても塗料が手に付くことがありません。木材の角っこにどうしても溜まってしまうので、そこは塗り伸ばすなど注意が必要ですね。
180825 atom 1

180825 atom 4

水性ステインなので、木材の木目を生かした風合いになっています。良い感じですね。
180825 atom 5

180825 atom 3 180825 atom 7

まとめ

このように、アトムハウスペイントの水性アトム自然カラー「ミディアムオーク」を試してみました。

水性ステインの良いところは臭いがきつくなく、汚れがすぐ落ちるところです。今回も手に塗料が付いたのですが、洗剤で洗えばすぐに汚れが落ちました。

これをつなげてデスクにしたいと思います。

【第2弾】ツーバイシックス でデスクを作ってみた!