「クリーム上質紙」の紳士なノート「プレミアムCDノート」はやっばり書き心地が最高だった

紳士なノート

こんにちは、うるふぁ(@urupha)です。

ペンを選ぶように、書き心地で紙を選ぶ

今回紹介するアピカの「Premium C.D. NOTEBOOK」は、シルクのような書き心地で「紳士なノート」といわれています。

紙質は白色の「A.Silky 865 Premium」があるのですが、もう1つ「クリーム上質紙」があります。

高級感あふれる書き心地バツグンのノートを紹介します。

「クリーム上質紙」の紳士なノートはやっばり書き心地が最高だった

▼こちらが紳士なノート「Premium C.D. NOTEBOOK」です。この金色のような表紙はなんともいえない高級感が漂います。なかなか無い色ですよね。
161214 premium notebook 2

伝統のクリームは、落ち着きある色合い

紳士なノートの紙質は「A.Silky 865 Premium」という白色が主流なのですか、ちょっとまぶしいくらい白いんですね。ラインナップとしてはこちらの方が多いです。

しかし、数少ないラインナップに「クリーム上質紙」を使っているものが今回紹介しているノートです。サイズはA5しかありません。この稀少さ。

▼クリーム色というのは、ちょっとレトロさを醸し出す、落ち着きある色ですね。まぶしすぎない。
161214 premium notebook 6

書き心地の良さは健在

“書きやすい”は、”気持いい”。

紳士なノートの一番の良さは、なんといってもその書き心地です。さらさら流れるように書けます。決してペン先が引っかからないんですね。

書くことが楽しくなる、ずっと書いていたくなるようなノートです。

161214 premium notebook 9

「糸がかり綴じ」なのできれいに開く

ノートは「糸がかり綴じ」いう方法で綴じられています。紙8ずつを1束に綴っていて、それを12束にまとめたものが1冊のノートになっています。

161214 premium notebook 5

8枚ごとに(最初と最後は4枚)、上下に1本ずつ、表紙の色に合わせた色の綴じ糸が現われます。
これも使う楽しみですね。こういうさりげなさが紳士ですね。

161214 premium notebook 4

この糸がかり綴じだと、どこを開いてもきれいに180度開いてくれます。

▼最初の方のページでも、
161214 premium notebook 7

▼真ん中のページでも、
161214 premium notebook 3

▼最後の方のページでもきっちり開く。だから書きやすい!
161214 premium notebook 8

大事に使いたい紳士なノート

今回のクリーム上質紙の紳士なノートはサイズはA5しかなく、ラインナップとしては罫線、方眼、無地があります。

とてもレアな種類なんですね。

書き味バツグンの高級感あふれるノートで、サイズがA5という少し小さめなのでとても愛着が湧きますし、大事に使いたいノートです。

紳士なノートは1冊持っておくと気分が変わりますよ。