「クリップココフセン」でスタイリッシュにふせんを持ち歩こう

ココフセン

こんにちは、うるふぁ(@urupha)です。

ぼくがプライベートで愛用しているふせんに「ココフセン」というものがあります。マットな質感に淡い色合いのふせんでとても気に入っています。

細めのふせんは、読書のお供に合います。

参考:読書のお供に「coco fusen CARD(ココフセンカード)」のSサイズがちょうどいい!

今回は、クリップ付きのココフセン、「クリップココフセン」を買ってみたので紹介します。

銀色のクリップがキラリと光っていて、スタイリッシュです。本や手帳に、はさんで持ち歩けるので便利ですよ。

【新発売】「クリップココフセン」でスタイリッシュにふせんを持ち歩こう

▼こちらが「クリップココフセン」です。ふせんのみだと「ザ・文房具」って感じですが、銀色のクリップがあるだけで、おしゃれな小物になりますね。
170301 coco fusen 01

▼「持ちものにはさんでスマートに携帯できる」が売りです。本や手帳だけでなく、書類などにもはさめます。
170301 coco fusen 02

  • ふせんのサイズ:42mm×6mm
  • 60枚入り
  • カラー:グラスグリーンorライトブルー
170301 coco fusen 03

▼クリップはアルミでできていて、はさむ力は少し強めです。指をはさまないように気をつけたいところですね。
170301 coco fusen 04

170301 coco fusen 05 170301 coco fusen 06

▼ふせんを取り出してみたところです。ふせんそのものは半透明で、先だけが濃いめの色になっています。
170301 coco fusen 07

▼1枚抜き取ったら、ふせんの向きが入れ替わるパターンです。30枚×2色なので割と早くなくなりそうです。
170301 coco fusen 08

170301 coco fusen 09

▼フィルムタイプのふせんで半透明なので、貼っても文字が見えます。ふせんを貼るときの大きなポイントですね。貼る位置を気にしなくていいのがうれしいところです。
170301 coco fusen 10

▼クリップを本の表紙にはさんでみました。やっぱり力が強めなので、ゴツい表紙などにはさんだ方が良さそうです。本のしおり代わりになるかと思ったのですが、本の途中のページは紙が薄いのでページを傷めてしまいそうです。本の場合は使うとしてら表紙がベストですね。
170301 coco fusen 11

使い終わっても貼り替えられる

ふせんを使い終えても、別売りの「ココフセン」を買えば、クリップに貼り替えて使えます。
170301 coco fusen 12

クリップココフセンならスタイリッシュにふせんを持ち歩ける

普通のふせんは使い切りタイプなので、どうしても使ったら「終わり」という感じがします。でもそのフットワークの軽さがふせんのいいところでもあります。

「ココフセン」はカードタイプもあるのですが、カードが柔らかく「ふにゃっ」としているので、どうしても安っぽさが出てしまうところは否めません。

でも、この「クリップココフセン」なら金属でできた銀色のクリップなので、小物とという感じが出ます。

ふせんそのものは使い切りなのですが、クリップ自体は繰り返し使えるので、ふせんがスタイリッシュになります。

はさんで使わなくても、そのままデスクの上に置いておくだけでも十分映えます

これでココフセンを使うのが楽しくなりますね。

以上、クリップココフセンの紹介でした。

では、また!

あわせて読みたい!