洗練された美しさ! 「ブラックアウトステッカー for Mac」でキーボードを極限までシンプルにできる

ブラックアウトステッカー

こんにちは、うるふぁ(@urupha)です。

ぼくはMacBook Airを使っています。

シンプルで洗練されたデザインなのでとても気に入っています。ずっとなでていたいくらい。

MacBook Airのなめらかなラインやシルバーの輝きは見事なまでに完璧なのですが、いかんせんキーボードの表記が解せない。

特に使わない「ひらがな」の表記はなんとも野暮ったいものです。

そんなMacBook Airのキーボードをシンプルにしてくれる便利なモノがあります。

それが「ブラックアウトステッカー for Mac」です。

キーボードにステッカーを貼ることにで文字を隠す代物です。

ステッカーを貼ってみるとムダな情報がなくなり、さらにMacBook Airの洗練さが増しました。これはおすすめしたい!

洗練された美しさ! 「ブラックアウトステッカー for Mac」でキーボードを極限までシンプルにできる

▼こちらが「ブラックアウトステッカー for Mac」です。
170312 blackout sticker 01

ぼくが使っているのは13インチのMacBook Airなので「15mm」を購入しました。

USキー対応のものや、MacBookなどに対応した「16mm」もものもあります。

▼薄いシートが1枚だけ入っています。袋から撮り出した瞬間になんともいえない独特なニオイを感じます。
170312 blackout sticker 02

表面はマットで少しザラつきがあります。ツルツルのテカテカっていうわけではありません。
170312 blackout sticker 03

▼ここで登場しましたMacBook Air。こちらのキーボードに貼っていきます。
170312 blackout sticker 05

▼表面の汚れを拭き取っておきましょう。
170312 blackout sticker 06

▼ぼくは親指シフトを使っているのでキーボードに文字があっても関係ありません。そんなこともあって文字を隠したいなと思っていました。
170312 blackout sticker 07

▼ステッカーは小さいので、ピンセットがあると細かい作業に適しています。
170312 blackout sticker 04

▼こんな感じで1枚ずつ剥がしていきます。間違って糸くずやほこりもくっつけてしまうと目立ちますので、できれば真空の部屋で貼るのが望ましいです(そんなことはありえない!)。
170312 blackout sticker 09

▼ポチポチ1枚ずつ貼っていきます。斜めになったり、偏ったりするとダサくなるので、できるだけキーの中心に貼るのが理想です
170312 blackout sticker 08

先がとんがったピンセットを使ってしまったので、微妙にステッカーが傷ついてしまいました。

ピンセットを使うのであれば、先が平らになっているものをおすすめします。

というか、ぶっちゃけ指でやっても問題なく貼れます

ぼくはピンセットでやるのが面倒になって途中から手で貼りました。

ただしファンクションキーは小さいので、ピンセットを使った方が貼りやすいです。

指の脂でステッカーの粘着力が弱まることが気になるのであれば、きれいに手を洗ってから貼れば問題ありません。

めっちゃキレイ!

▼貼り終わったところです。見事にキレイになりました。
170312 blackout sticker 11

▼離れて見ると一体になっていてステッカーが貼られているとは思えません。もともとこういうキーボードだったんじゃないかって感じです。
170312 blackout sticker 12

もちろん近くで見るとステッカーが貼られていることがわかります。

▼実際にタイピングしてみるとサラサラしていることが感じ取れます。
170312 blackout sticker 14

キーが指に吸い付く感じはないですね。最初はちょっと違和感がありましたが、これも慣れですね。

▼キーボードの配置を忘れてしまったときのために、キー配列の図もあります。
170312 blackout sticker 10

シンプルになったMacBook Airのキーボードをお試しあれ

JISキーボードだと使わないひらがなの表記があるので、なんか野暮ったい印象がありました。

かといってUSにすると親指シフトが使いにくくなる。「英数」「かな」キーがないので。

でもこのブラックアウトステッカーを貼れば、表記は関係なくなります。超絶シンプル!

違和感のないキーボードに早変わりします。

この洗練された見た目は眺めていても飽きることがありません。

よりいっそうMacを好きになれるんではないでしょうか。

では、また!