僕が「11インチiPad Pro」を買った理由

2018年に登場した新型iPad Proは、ホームボタンが廃止されるなど、デザインが大幅に刷新され、最もハイスペックなiPadになりました。これだけ性能が向上するとノートPCにも引けを取らず、まさにプロユースのタブレットといえます。

僕はすでに「10.5インチ iPad Pro」を持っているのですが、今回新たに「11インチiPad Pro」を購入しました。

僕が10.5インチiPad Proを買った理由

「256GB」のWi-Fiモデルを購入したので約11万円と、決して安いものではなかったのですが、なぜ「11インチiPad Pro」を購入したのか、その理由を整理しておきたいと思います(自分のために)。

スポンサーリンク

ホームボタンがなくなったiPad Proを体感したい

181226 ipad pro 1

新型iPad Proの一番大きな変化がホームボタンが廃止されオールスクリーンになったことです。その分、画面が11インチにサイズアップしました。

iPhoneは、2017年に発売された「iPhone X」でホームボタンが廃止されFace IDが採用されました。それに追随する形でiPad ProもFace IDが搭載されました。

僕自身、ホームボタンのない「iPhone XS(iPhone X)」とホームボタンのある「10.5インチiPad Pro」をしばらくの間使っていたのですが、操作性の違いに違和感を感じるようになってきました。

iPhone XSはスワイプだけで主な操作ができるのですが、10.5インチiPad Proは物理ボタンを押さないといけません。

人間不思議なもので便利な方に慣れてしまったら、今まで使っていたものに違和感を覚えるんですね。(iOS 12で下からスワイプのジェスチャーでホームに戻ることができるようになっています)

そういう意味でも、同じiOSデバイスで操作は揃えておきたいと思ったわけです。

USB Type-Cになった

181226 ipad pro 3
もうひとつ大きな変更点として、充電コネクタが「Lightning」から「USB Type-C」になったことです。

「Lightning」はApple製の端末しかないのですが、僕がメインで使っているMacBook Proは「USB Type-C」ですし、「USB Type-C」に対応したLGのディスプレイも購入しました。

【31.5インチ】「4辺フレームレス」は正義。LGの4Kディスプレイ「32UD99-W」を買いました

iPhone XSに至ってはLightningは使わずにワイヤレスの充電器を使っています。

iPhone用ワイヤレス充電器「Anker PowerWave 7.5 Stand」を購入しました

Magic KeyboardやMagic Trackpadは、いまだLightningですが、今後はLightningを廃止して「USB Type-C」に統一される流れになりそうです。

僕としてはガジェット類は「USB Type-C」に統一していきたいと考えているので、この段階で「USB Type-C」対応のiPad Proを購入した方が良いと思いました。

スポンサーリンク

新しいApple Pencil(第2世代)を試してみたい

181226 ipad pro 4

Apple Pencilも大幅な変更点があり、第1世代ではiPad Proに差し込んで充電していたのに対し、第2世代のApple PencilはワイヤレスでiPad Proに取りつけるだけで充電できるようになりました。

Apple Pencilの置き場所が定まらなくて困っていたのですが、第2世代からはiPad Proに磁力でくっつける形になったので定位置が決まったわけです。これだけでも買いかなと思ったわけです。

Apple Pencilを置くのに無印良品の「白磁歯ブラシスタンド」がよく似合う

Apple Pencil(第1世代)が転がるのを防ぐクリップ「りんごのへた」を買ってみた

そして、ダブルタップでツールを切り替えることができ、使い勝手も向上しているので、よりメモが捗るのではないかと思ったわけです。

新しいApple Pencil(第2世代)はデザインも使い勝手も向上し、iPad Proに欠かせない存在に

将来的に使いこなせるようにしておきたい

181226 ipad pro 5
僕がiPad Proを使っている理由として、将来的に使う場面が増えるというか、使わざるを得ない時代になってくるんではないかと思っているわけです。

すでに学校などの教育現場では導入されていますし、生産性向上のために仕事でも使わざるを得ないんじゃないかと。

仕事で年上の人からパソコンの使い方を聞かれることが多いのですが、使い方といっても初歩中の初歩だったりするわけです。自分の意図した印刷の仕方や共有サーバーにファイルを保存する方法とかです。

リテラシーの問題なのですが、20年後、30年後に自分が似たような感じで時代遅れにならないように、iPadくらいは使いこなせるようになっておきたいと思っているのです。

という、それらしい言い訳です。

スポンサーリンク

まとめ:必要だから買ったんじゃない、欲しいから買ったんだ(好奇心)

181226 ipad pro 6
「11インチiPad Pro」を購入したそれらしい理由をつらつらと書いてみました。結局のところ「欲しい」という単純な好奇心で購入しただけです。

これらの理由を「PayPay」が後押ししてくれたので、最終的に購入に至りました。「PayPay」がなかったら、もう少し時期は遅かったと思います。

いずれにせよ、iPad Proは便利なツールであることには変わりないので、今後、ブログ運営や日常生活に活用できるように使いこなしていきたいですね。

あわせて読みたい

スポンサーリンク