たっぷり使える。長い「ドットライナー ロング」が便利

180807_dotliner-long_5.jpg

僕は仕事柄、書類を扱うことが多く、書類を郵送することがよくあります。

封筒にのりを貼るときに便利なのがテープのりの「ドットライナー」です。

液タイプやスティックタイプのようにはみだしたり、手が汚れたりする心配がなく、きれいにのりを貼れるので重宝しています。

便利なドットライナーですが、唯一の難点が、すぐにテープを使い切ってしまうこと。勢いよく使っているといつの間にかなくなっているんですね。

詰め替え用を常備しておけばいいのですが、あまりストックを持ちたくない僕としては身軽でいたい。

となると、多少大きくてもいいので、たっぷり使えるドットライナーがいい。というわけで、長いサイズの「ドットライナー ロング」を購入しましたので紹介します。

本体のサイズは大きめですが、たっぷり使えるので買ってよかったです。

長く使えるドットライナー ロング

180807 dotliner long
こちらがドットライナー ロングです。見た目は巨大なドットライナーですね。文房具としても大きな部類に入りそう。

180807 dotliner long 5

普通のドットライナーと比較してみたところ。サイズが1.5倍くらいありそうですね。
180807 dotliner long 1

ロングサイズでたっぷり使える

テープの長さは36mあります。通常の2倍以上ありますね。これくらい大きいとデスクの引き出しの中ではスペースをとりますが、その分長く使えるので安心できます。

ドットタイプのりできれいに貼れる

ドットライナーの一番いいところがムラなく確実にのりを貼り付けられるというところ。
180807 dotliner long 4

液状にしても、スティック状にしても、ムラができしまいます。でもドットライナーだと均一にきっちり貼れるので使い勝手がいいです。

180807 dotliner long 8

さっと引いただけでこのようにきれいにのりを貼ることができます。初めから終わりまできっちりできると、自分の意図したところに貼れるのではみ出したりすることがありません。

詰め替えもできる

もちろん、詰め替えもできます。「PUSH」というところを強く押せば、
180807 dotliner long 3

このように本体の下側が開きますので、
180807 dotliner long 6

詰め替えようと入れ替えることができます。
180807 dotliner long 7

まとめ

たっぷり使えるドットライナーロングを紹介しました。使用頻度が高い場合、詰め替え用を常備しておくと、交換の手間が増えるので、それならば最初から大容量のものを使った方が理にかなっています。

まぁ、ちょっと大きくてスペースはとりますが、長く使えるのでちまちま使うことなく、安心して使えますね。