シンプルでスタイリッシュ。カールのミスターパンチはデスクに置いても映える

僕はシンプルな文房具が好きなんですが、文房具に限らず、シンプルなデザインのモノを手にすると気持ちが落ち着くというか、無駄が削ぎ落とされている感じに安心します。

今回紹介する文房具は、そんな僕に安心感を与えてくれるカールの「ミスターパンチ」です。

紙に穴を開ける「パンチ」といえば、いかにも事務用品っぽくて野暮ったいデザインのもの。

青色の本体に、パンチの裏にある紙を捨てるところが白濁色のゴムでてきていて、みたいな感じのアレです。使っていてもワクワクしないんです。

今回紹介するこの「ミスターパンチ」はとてもスタイリッシュ。事務用品の枠を超えたシンプルで洗練されたデザインになっていますので、紹介したいと思います。

シンプルなデザインの「ミスターパンチ」

180922 carl punch 4
こちらが「ミスターパンチ」です。カラーは次の6種類があります。今回、僕はレッドを選びました。このワインレッドともいえる色合いに惹かれました。

  • シルバー
  • ブラック
  • レッド
  • ブルー
  • グリーン
  • オレンジ

サイズは穿孔10枚、20枚、30枚の3種類あります。僕はそこまで大量の紙に一気に穴を開けないので20枚にしました。

180922 carl punch 1
箱から取り出してみました。この色の文房具ってないので、とてもおしゃれに感じます。デスクの上に置いておいても映えますね。

180922 carl punch 2
それからこのスクエアなフォルム。これもシンプルさを際立たせるデザインになっています。

180922 carl punch 9
ハンドル部分がアルミ素材でできています。光の当たる角度によって微妙に色合いが変わります。こういったところも洗練された印象を与えてくれます。

180922 carl punch 11
「CARL」の文字がシルバーに輝いているのが最高にクールです。

180922 carl punch 8
サイドゲージはこんな感じでいろいろな用紙サイズに合わせることができます。

180922 carl punch 6
ピタッと止まってくれるので紙をセットしても動くことがありません。

180922 carl punch 5
このようにバッチリ紙の中央に穴を開けることができます。

180922 carl punch 7
パンチの裏面の紙くずを捨てるところなんですが、このように本体部分と同じブラックでできています。裏面までもスタイリッシュですね。

180922 carl punch 3
「OPEN」という押せば、蓋がパカッと開きます。捨てる部分が広いので紙くずを捨てやすいです。

まとめ

180922 carl punch 10
このカールの「ミスターパンチ」はデザインがとてもシンプルなので、置いているだけで気に入っています。

今までは紙に穴を開けるという作業を面倒に感じていましたが、この「ミスターパンチ」を購入してからというもの、軽い力で穴を開けることができるので地味に快感ですし、このスマートなデザインで軽快に穴を開けるのが楽しみになりました。

ちょっと面倒な作業でも、自分が使うモノにこだわるだけで、お気に入りの瞬間にすることができますね。