AirPods Proレビュー

前からずっと欲しかったAirPods Proを購入してから1か月が経ちました。その間、毎日欠かさず耳にはめていて、楽しく音楽を聴いています。そして、アクティブノイズキャンセリング機能が優秀で、集中できる環境を手に入れました。音楽を聴く体験がより良いものになりましたね。

今回はAirPods Proを1か月使ったレビューをお届けしたいと思います。今、AirPodsを使っていて、AirPods Proに買い替えようか迷っている人の参考になればと思います。

ちなみに僕は、ブラックのシリコンケースを付けています。

音質が向上している

210301 airpods pro review 4

まずAirPodsと比較して音質は格段に良くなっています。

AirPodsは耳に引っ掛けるタイプなので、音が漏れやすくあまり良い音質だとはいえませんでした。

でも、AirPods Proはイヤーチップで耳を密閉する形になるので音が漏れにくく、音がすみずみまで聞こえます。

AirPodsよりも音の解像度が上がり、高音や低音が聞きやすくなったと感じます。

アクティブノイズキャンセリング機能が最高!

AirPods Proの一番の特徴がアクティブノイズキャンセリング機能です。劇的に音楽を聴くという体験を向上させてくれます。

耳にはめた瞬間に訪れる静寂。外の世界が遮断される感覚は何度使っても快感ですね。アンチノイズ機能で部屋の空調や家の外の騒音をかき消してくれます。

なので、スッと周りの音が消え、自分だけの集中できる世界に変わります。イヤホンでこれは最高過ぎる!

外部音取り込みモードも優秀

アクティブノイズキャンセリング機能と対をなすのが外部音取り込みモードです。AirPods Proのマイクで外の音を拾い、イヤホンから流してくれる機能です。音楽を聴きながらでも周りの音が聞こえやすいです。

AirPods Proの「オフ」の状態だと普通の耳栓の状態になるのですが、外部音取り込みモードにすると、スーッと外の音が通過してくるのが分かります。「オフ」の状態よりも外の音が良く聞こえるのが不思議に思います。

アクティブノイズキャンセリング機能と外部音取り込みモードはいわゆる「うどん部分」の感圧センサーを長押しすることで切り替えることができます。しかも、iPhoneの「設定」→「アクセシビリティ」→「AirPods Pro」から長押しの感覚を短くすることができるのでより使いやすくできます。

バッテリーが長持ち

210301 airpods pro review 3
AirPods Proのバッテリーは単体だと最大4.5時間、アクティブノイズキャンセリング機能と外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間とかなり長持ちです。ケースも使えば24時間以上使用することもできます。そこまで使わないんじゃないかと思うくらい長持ちですね。

Qi充電対応なので、Lightningケーブルを使わずに充電できます。1日の終わりに充電器に置いておけば、次の日にはケースが満充電の状態で使えるわけですね。

初代のAirPodsだとケーブル充電しかできなかったので、割とバッテリー残量を気にしながら生活していたのですが、AirPods Proだと、普段の生活でバッテリーの残量を意識することはほぼないです。たまにiPhoneの画面に表示されるときに「こんなに残量がある」と思うくらいです。

Apple製品との相性が良く操作しやすい

Ø∏
210301 airpods pro review 2
AirPods ProはAirPodsと比較して、ケースの縦が縮んで横に伸びた形になっているので、若干大きくなってはいます。でも、重さ56.4gでケースが小さいので片手で持ちやすいですし、上着のポケットやカバンのポケットにも余裕で入るので邪魔に感じることはありません。かさばらないし、平たく持ちやすいのでAirPodsと変わらない感じですね。

イヤホン本体はAirPodsと比べてうどん部分が短くなり、よりコンパクトになっています。

ケースに入れた状態でも指でつまみやすく、ケースから取り出しやすいです。

操作はうどん部分をつまむだけで再生、停止ができます。AirPodsの場合、タップだったので上手く反応しないことがあったのですが、つまむだけの方がタップするよりも使いやすいです。

AirPods Proには自動デバイス切り替え機能があり、iPhoneを始めとしたApple製品との相性が良いです。家の中でMacBook Airで音楽を聴いて、外出するときにiPhoneで音楽を聴くことができます。iPhoneの画面でBluetooth接続しなくても勝手にペアリングしてくれるのが便利です。

耐汗耐水性能(IPX4)も備わっていて、水しぶきを受けても有害な影響を受けないので、ランニングなどの軽い運動に使えそうです。

まとめ:AirPods Proは買って後悔はしません

210301 airpods pro review 6

AirPods Proの価格は27,800円(税抜)で消費税込みで30,000円なのでかなり手を出しにくいと思います。正直なところ、もう少し安くてもいいかなと感じますが、この小さなイヤホンにAppleの最高技術が凝縮されているので仕方ないかと。

ただ、アクティブノイズキャンセリング機能やApple製品との相性の良さで価格差は埋められるんじゃないかと思います。AirPods Proを毎日1年間使えば1日当たり約84円になるので元は取れるかと。

僕が実際に買ってみて思ったのは「もっと早く買えばよかった」ということ。AirPods Proは2019年10月に発売されて、僕が購入したのが2021年2月だったので、その間ずっと欲しいなぁと思いながらも、AirPodsで音楽を聴いていました。

AirPodsで音楽を聴くのって、音楽を楽しむというよりは耳が寂しいから何でもいいから聴くっていう感じたと思うんですよ。でも、AirPods Proにしてからは、音楽を聴くのが楽しみになって、積極的に音楽を聴こうと思えるようになりました。

もし、発売されてから早い段階で購入していれば、1年以上その体験ができていたわけで、その間AirPodsに甘んじていたのは本当にもったいないと思います。AirPods Proで聴いていたらなと思います。

なので、AirPods Proを買おうか迷っていて、その迷う理由が価格なのであれば、迷わず買うべきだし、音楽体験が変わりますよ!

¥27,938 (2021/03/01 18:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク