M1 MacBook Airレビュー。テキストメインの使い方なら最小構成でも大丈夫

先月、「M1 MacBook Air開封&ファーストインプレッション」という記事で紹介したとおり、2020年11月に発売されたM1チップ搭載のMacBook Airを購入しました。

以前使っていた13インチMacBook Proのバッテリーが限界を迎えたので、話題になっていたMacBook Airに買い替えました。持ち出せるようになったので、外で作業できて楽しいですね。

価格を抑えるために最小構成のMacBook Airを購入しましたが、テキストメインの使い方であれば全然問題ありませんでした。

最小構成のMacBook Airにした理由

210325 macbook air review 5
スペック

  • Apple M1チップ(8コアCPU、7コアGPU)
  • メモリ 8GB
  • ストレージ 256GB
  • キーボード 日本語(JIS)
  • 本体カラー シルバー
  • 重量 1.29kg
  • 価格 115,280円

Appleが自社開発したM1チップ搭載のモデルのMacBook Airです。Intel製のチップから脱却したということで、個人的には「使い物になるの?」と疑っていたのですが、全然そんなことはありませんでした。その性能の高さが話題となり、僕もついに購入したというわけです。

そんな性能の高いMacBook Airが10万円程度で購入できるのが驚きでした。

僕が以前使っていたMacBook Proのキーボードが1年程度で壊れ、バッテリーも「要修理」という状態になり、外に持ち出して使うことがなくなってしまいました。

決して価格が安いとは思いませんが、最小構成のMacBook Airなら10万円程度で購入できるということで、思い切って購入しました。価格を抑えたいというのと僕の使い方はテキストメインで動画編集をしないのでメモリ8GBでも大丈夫だろうと判断したので最小構成にしました。

重量が軽くて、バッテリーが長持ち

210325 macbook air review 8
MacBook Air(13インチ)の重さは1.29kgです。このくらいの重量であれば、カバンに入れて背負っても重さを感じません。むしろパソコンを背負っているのを忘れるくらい軽いです。

M1チップのおかげでバッテリー持ちが尋常じゃないくらい長いので、充電アダプタやケーブルを持ち出す必要がなく、おかげでカバンを軽くできます。

バッテリーについては、「最大18時間駆動」とのことです。実際に使ってみたところ、連続10時間以上は余裕で使えます

前使っていたMacBook Proだと半日くらいでバッテリーがなくなっていたので、ほぼ1日外に持ち出して使えるのは大きいですね。

M1チップはすごい。動作がサクサク

210325 macbook air review 7
MacBook Airはファンレスなので本当に音が静かです。パソコンを使っているというよりも本当にiPhoneやiPadと同じ感覚ですね。立ち上がりに時間がかかることもありませんし、本体が熱くなってファンが回って熱くなるという、いかにもパソコンって感じがありません。静かに淡々と駆動している優秀なマシンです。

以前使ってMacBook Proは、現像した写真の書き出しやChromeのタブを複数開いていたり、長時間作業していたりすると「フィーン」と唸り声を上げて動作が重くなってしまうことがしばしばあり、すごく頑張ってくれているのがよく分かりました。

CPUが8GBのM1 MacBook Airでもアプリの動きが鈍いとか、そういった重さを感じることが全くありません。Chromeのタブを試しに20〜30個くらい開いてもサクサク動きますし、Lightroomの書き出しも一気に数十枚くらいやってみましたが、1〜2分くらいで難なくできてしまいます。テキストや写真メインの使い方で動画編集をしないのであれば、8GBで十分だと感じます

シザー構造のキーボードは打ちやすい

210325 macbook air review 2
前モデルのバラフライキーボードから改良を重ね、シザー構造のMagic Keyboardとなりました。バタフライキーボードの薄いキーボードだとペチペチ打っているとだんだんと疲れてきましたが、MacBook Airのキーボードは指への負担が軽減され、疲れにくく感じます。

USB-Cポートが左側にしかないのが惜しい

210325 macbook air review 3
僕がM1 MacBook Airの購入に躊躇していた原因の1つがUSB-Cポートが本体の左側にしかないこと。これが僕を悩ませていたんですね。

僕のデスクはMacBook Airをディスプレイの左側に配置しているので、ディスプレイにつなぐときのケーブルを遠回しにする必要が出てきます。右側に付いていてほしいなぁと思いながらも購入したのですが、僕の環境的にやっぱり使いにくい。

ケーブルがデスクの上を這うようになりますし、コネクタに負担がかかってしまうので、こんな感じにむき出しになってしまいました。ケーブルは買い替えるとしても、配置は見直したいところ。

まとめ

210325 macbook air review 4
というわけで、M1 MacBook Airについて紹介しました。

前使っていた13インチMacBook Proのようにモタつくこともありませんし、使いやすくなったので買って良かったですね。

僕の使い方だとスペックが不足すると感じることもなく、最小構成のM1 MacBook Airで十分ですね。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
スポンサーリンク