消えるボールペン「フリクションボールノック」を買ってみた

文房具大好きです。どうも、うるふぁ(@urupha)です。

前々から気になっていたボールペンを満を持して買ってみました。
それが、このフリクションシリーズの「フリクションボールノック」です。

フリクションシリーズは「消えるボールペン」でお馴染ですが、ぼくはずっと手を出せずにいました。

何か「消える」ってのがどうもしっくりこなくて。

逆にボールペンは「消えない」からこそいいんじゃないかという思いがあったわけです。

でもモノは試しですし、もしかしたら「いい!」と思うかもしれませんので使ってみました。

使ったみた感想

ゲルインキなので、ムラにならずスラスラ書けます。書き心地はかなりいいです。

グリップ部分は硬めのゴムでできていて、とても持ちやすいです

ボディと同じ素材だったり、柔らかいグリップだとどうもぼくには合わないのですが、これはぼくには合います。
ボディの光沢はいい感じですね。デザインが好きなペンです。

書き間違ったところを消せるってのは、とっても便利です。

手帳にボールペンで書いていて間違ってしまうと、ごちゃごちゃになって見えにくくなってしまいますので、手帳などには重宝しますね
ボールペンって消えてもいいんだと思いましたね。

でも、仕事などの書類を書くときに使うのは注意が必要ですね。誤って消えてしまってはいけませんから。
使うのは仕事での自分用のメモまでですね。

ぼくが一番気に入ったのが、消えることよりも、ノックをクリップで行うことです

通常のボールペンはペンの端を押しますが、フリクションボールノックは、端がラバーでできています。
だから、クリップでノックするわけですが、これが超便利!

ペンの頭まで、親指を伸ばさなくてもいいので、すごくラクですし、ノックしたときの「カチッ」がはっきりしています。

たまに、最後まで押したのかどうなのかわからないボールペンもあるのですが、「フリクションボール」はわかりやすいですし、スプリングがしっかりしているためか、戻すのもすごくラクです。

このノックの軽さがぼくは一番好きです(ただ、ペンを持ったときに、カチャカチャするのが、どうも安っぽいですが・・・)。

消えるところがセールスポイントですが、純粋に書くためのペンとして、使い勝手が良いので今後も重宝しそうです