【比較】消せるボールペン「フリクション」の「0.38mm・0.4mm・0.5mm」を書き比べてみた

151023_frixion_2

消せるボールペンでおなじみのフリクション。これ無しじゃ困るくらい、僕の中では定番の文房具になりました。 そんなフリクションですが、ペン先の太さに種類があります。

今回は「0.38mm」「0.4mm」「0.5mm」の3種類を書き比べてみました。

追記:「0.7mm」と「1.0mm」を加えて比較した記事がこちらです。
【比較】フリクションボールの「0.38mm・0.4mm・0.5mm・0.7mm・1.0mm」を書き比べてみた

スポンサーリンク

「フリクション」の「0.38mm・0.4mm・0.5mm」を書き比べてみた

151023_frixion_3

こちらが「フリクション」です。カラーは僕が好きなブルーです。

「0.38mm」のフリクションボールスリム、「0.4mm」のフリクションポイント、「0.5mm」のフリクションボールです。

フリクションボールスリム(0.38mm)

151023_frixion_4

まずは「0.38mm」の「フリクションボールスリム」から書いてみます。

なんと言ってもボディが細いので、持ち運びに便利です。ペンケースにたくさん入れることができます。カラーも20色もあるので、自分の好みのペンが選べます。

151023_frixion_5

文字も細いので、手帳にしっかり書きたいときに向いています。ペン先が細いとペンの走りが悪くなるのでメモには向いていません。後で紹介する0.5mmの方がいいでしょう。

151023_frixion_9

ペン本体が細いのでインキの量はかなり少ないです。使っているとすぐになくなってしまいます。1か月も持ちません。ですから、予備のリフィルは常備しておいた方がいいでしょう。黒・赤・青であれば3本入りで売っています。

フリクションポイント(0.4mm)

151023_frixion_10

次は「0.4mm」の「フリクションポイント」です。このペンも細めなので、手帳やノートに書くときに便利です。

151023_frixion_11
ニードルタイプで他とは書き心地が異なり、しっかり書けます。

151023_frixion_12
このペンはキャップ式なので、素早くメモしたいときには向いていません。しっかり腰を据えて書きたいとき向きですね。

フリクションボール(0.5mm)

151023_frixion_1
最後は「0.5mm」の「フリクションボール」です。僕の中では一番使っています。

151023_frixion_6
文字が太くスラスラ書けますので、メモ向きです。そこまで太さも気にはなりません。

151023_frixion_7
ただし、インキの量が多い割には、ペン先が太いためか、「0.4mm」に比べるとインキの減りは早いです。

まとめ

151023_frixion_8
ノック式で手軽に使える「0.38mm」と「0.5mm」がおすすめです。「0.38mm」と「0.4mm」については、太さに顕著な違いはないのかなあと。

手帳やノートにゆっくり書きたいときは、「0.38mm」のフリクションボールスリム、メモを素早く取りたいときは、「0.5mm」フリクションボールノックですね

あわせて読みたい

スポンサーリンク