消せるボールペン「フリクション」の0.38mmと0.4mmと0.5mmを書き比べてみた

フリクション

どうもこんばんは、うるふぁです。

消せるボールペンでおなじみのフリクション。これ無しじゃ困るっていうくらい、ぼくの中では定番のアイテムになりました。 そんなフリクションですが、ペン先の太さがいろいろあるわけです。

タイトルのとおりですが、どんな違いがあるか試してみました。

参考:消えるボールペン「フリクションボールノック」を買ってみた

こちらがフリクション。ちなみに色は、ぼくの大好きなブルーです。上から0.5mmのフリクションボール、0.4mmのフリクションポイント、0.38mmのフリクションボールスリムです。
フリクション

ちなみに、0.7mmもあるんですが、あまり太いペンを僕は好まないので、この度は除外していいます。

まずは0.38mmの「フリクションボールスリム」から。

なんと言ってもボディが細いので、持ち運びに便利!ペンケースにたくさん入れることができます。カラーも20色もあります。自分の好みのペンが選べます。
フリクション

文字の太さも細いので、手帳にかっちり書きたいときに便利です。

これは他のボールペンでも一緒ですが、細いとペンの走りが悪くなるので、メモには向かないです。後に紹介する0.5mmの方がいいでしょう。

ただし、細いのでインキの量はかなり少ないです。使っているとすぐになくなってしまいます。1か月ももたない。 ですから、標準で使うのであれば、予備のリフィルは常備しておいた方がいいでしょう。黒・赤・青だと3本入りで売っています。

続いて、0.4mmの「フリクションポイント」です。このペンも細めなので、手帳やノートに書くときに便利です。ニードルタイプで、他とは書き心地が異なり、しっかり書けます。このペンはキャップ式なので、ちょっと不便かなあと思います。メモとかには向かないので、落ち着いて書きたい用なのかなと。
フリクション

最後は0.5mmの「フリクションボールノック」です。これはぼくの中では、マストアイテムです。一番使っています。 やっぱり文字が太いので、スラスラ書けますので、メモ向きです。そこまで太さも気にはなりません。 ただし、インキの量が多い割には、ペン先が太いためか、0.4mmに比べるとインキの減りは早いです。

まとめ

ノック式で手軽に使える0.38mmと0.5mmがおすすめです。0.38mmと0.4mmについては、太さに顕著な違いはないのかなあと。

手帳やノートにゆっくり書きたいときは、0.38mmのフリクションボールスリム、メモを素早く取りたいときは、0.5mmフリクションボールノックですね