フリクションボールノック(0.5mm)「グリーン」【レビュー】

180504_frixion-ball-green_05

最近では、パイロットの「フリクションボールノック」しか使わなくなりました。

色々なボールペンを試してみた結果、握りやすさ、書きやすさが申し分なく、とても使いやすいのでこれに落ち着いています。

インクの色は「ブルー」をずっと使っています。ちょっと薄めの色合いが万年筆のインクを彷彿させるので、自分の書いた文字で心が和むんですね。

しかし、この間、たまたま他の人が「グリーン」を使っているのを見て、グリーンもなんか良さそうだなと思って買ってみました。

フリクションボールノック(0.5mm)「グリーン」【レビュー】

フリクションシリーズに限らず、基本的にボールペンで「緑色」って使わないです。文字として馴染みのある色ではないので敬遠していました。

で、買ってみたのが、このフリクションボールノックの「グリーン」です。文房具屋でたびたび見かけてはいたんですが、こうやって買ってみると新鮮な感じがしますね。
180504_frixion-ball-green_10

鮮やかなグリーンのボディが映えます。

僕がフリクションボールを愛用するのは、このグリップが僕にちょうど合うからなんですね。ちょっと固めのゴム部分が握りやすいですし、細くも太くもないところが文字を書きやすくしてくれます。
180504_frixion-ball-green_02

おなじみの消せるラバーです。
180504_frixion-ball-green_04

ペンで書いてみたところです。フォレストグリーンって感じですね。少し濃いめ。
180504_frixion-ball-green_03

そして、ちゃんと消せます。こうやってボールペンなのに簡単に消せるところも長年使い続ける理由ですね。
180504_frixion-ball-green_01

まとめ

180504_frixion-ball-green_08

あまり鮮やかな色合いじゃないところがいいですね。発色が良い緑ではなく、グレーががった、深く濁ったような緑色です。

おそらく消せるインクであるフリクションならではの色なんでしょうね。

濃いめの色なので、アクセントというよりもベース色として普段使いに使えそうです。メモ書きにはもってこいですね。

今までブルーしか使ってこなかったんですが、これからは、この「グリーン」も使っていこうと思います。

あわせて読みたい