SONYのミラーレス一眼カメラ「α7 II」を買いました

今までSONYのコンパクトデジタルカメラ「RX100M5」を使ってきました。

参考:【高級コンデジ】SONYの「RX100M5」を買った!これで最高にきれいな写真を撮れる

有効画素数が約2010万画素で、きめ細やかな写真が撮れるので、とても満足していました。

でも、最近ではもう少し本格的なカメラも欲しいなと思うようになってきました。一眼レフカメラのような本格的なカメラを持つのがカッコいいなと憧れるのと同時に、もっといい写真が撮れるんじゃないかと思うわけです。

一眼レフカメラは本体がかなり大きいですし、値段も高いですし、普段使いにはちょっと気が重い。そんなわけで、使い勝手のいいカメラを探してみたところ、SONYの「α7 II」というミラーレスカメラがいいのではないかと思い、購入してみました。買って良かったなと、とても満足しています。

α7 IIを買いました

こちらがSONYのミラーレス一眼「α7 II」です。家電屋さんで実物に触れてみたときは、とてもコンパクトだったのですが、届いた箱は結構大きいです。
180321_a7ii_01

早速取り出して、レンズとショルダーストラップを着けてみました。どんなレンズを買ったらいいのか分からなかったので、「ズームレンズキット」というカメラ本体とレンズがセットになったものを購入しました。焦点距離が28-70mm、F値が3.5-5.6の標準的なレンズになっています。
180321_a7ii_06

上位機種の「α7R II」という超高画素モデルもありますし、つい最近では後継機種の「α7 III」というカメラも発売されました。

スペックは高ければ高いほどいいのでしょうが、僕に撮影技術があるわけでもありませんし、到底使いこなせる自信もありませんので、「α7 II」にしました。まずはここからかなと。お値段は17万円なり。

キャノンやニコンの一眼レフカメラはゴツゴツしていて、まるで石のような感じがするのですが、このSONYの「α7 II」は、上部が直線的なラインで、とてもシャープに感じます。ボディもよく見てみると真っ黒ではなく、マットな質感で、少しまだら模様になっていて高級感がありますね。

180321_a7ii_05 180321_a7ii_04

これがファインダーです。ここから覗いて写真を撮ると、「カメラで写真を撮っている」と感じますね。
180321_a7ii_03

持ってみた第一印象としては、意外と軽いということ。もっとずっしり感じるのかなと思ったのですが、重さが約600gで、片手で十分扱えるくらいです。

グリップがあるので、カメラをしっかり持てます。でも、小指がどうしても余ってしまい、はみ出してしまうのがちょっとなと思います。

シャッター音がそれっぽさを醸し出す

実際に写真を撮ってみて、一番最初に驚いたことはシャッター音が本格的だということです。今までデジカメやスマホでしか写真を撮ったことがなかったので、こうやって「カシャ」って音がすることに新鮮さを覚え、「おぉ〜」と感動しました。

カメラで写真を撮っているなって感じますね。

まとめ

「α7 II」を使った後でiPhoneのカメラを使ってみると、その写真の写り映えが全く違うことに気づきます。きめ細かいですし、いい感じにボケてくれるので、とても温かみのある写真になります。すごく温度を感じますね。

首からぶら下げていても、そこまで負担になりません。コンパクトデジカメやスマホなど手軽に写真を撮れるに越したことはないのですが、α7 IIでも持ち歩くには十分だと感じました。

いろいろと撮ってみたいですね。