【比較】ジェットストリームの「0.38mm・0.5mm・0.7mm・1.0mm」を書き比べてみた

150116_jetstream_14

滑らかに書けるボールペン、三菱鉛筆の「ジェットストリーム」。

文字をスラスラ書けるのでとても便利です。

その「ジェットストリーム」のペン先の太さは、「0.38mm」「0.5mm」「0.7mm」「1.0mm」と4種類あります。

今回はそのペン先の太さを書き比べてみました。

ジェットストリームの「0.38mm・0.5mm・0.7mm・1.0mm」を書き比べてみた


こちらが「ジェットストリーム」です。左から「0.38mm」「0.5mm」「0.7mm」「1.0mm」と並んでいます。ボールペンの形状は同じなのですが、パーツの色がそれぞれ異なっています。

「0.38mm」→カリカリ書ける


こちらが「0.38mm」です。「ジェットストリーム」の中では一番細いペン先です。本体がグレーなのが特徴ですね。


一番細いだけあって、スラスラというより、針のようにカリカリ書けます。ペン先が細いので筆圧がかかるわけですね。文字の「とめ・はね」がしっかりできるので1文字1文字を丁寧に書けます。

手帳などの細かいところにしっかり書きたいときに向いています


細い文字を書くのが好きな人に合うボールペンですね。

「0.5mm」→しっかり書ける

こちらは「0.5mm」です。白い本体が特徴的です。

ペン先が細めですのでしっかり書けます。「0.38mm」と比べると若干滑らかに書けることが分かります。

「0.5mm」も手帳やノートに書くときに使いやすいです。

手帳やノートは後で見返すことが多いので、丁寧に書いてあると読みやすいですし、手帳の限られたスペースには細めのペンがピッタリです。

「0.7mm」→スラスラ書ける


こちらが「0.7mm」です。黒い本体が特徴的です。「0.7mm」になると、明らかに書き心地が違うことが分かります。


「0.7mm」は力を入れなくても、スラスラ滑らかに書けます

ペン先が太い分、筆圧がそこまでかかりません。紙をなぞるようにペンを走らせるだけで文字を書けます。「0.38mm」や「0.5mm」とは明らかに違います。

スラスラ書けるので、メモをするときに活躍してくれます

思いついたアイデアを書き留めたいときや会議の内容をメモするとき、ペン先が走ってくれると文字が書きやすいです。

「0.38mm」や「0.5mm」より文字は微妙に太いので、手帳や細い罫線のノートなどの細かい箇所に書き残すのは難しいです。

メモ帳などに大きく使いたいときは、「0.7mm」をおすすめします。ジェットストリームの真骨頂ですね。

「1.0mm」→ぬるぬる書ける


こちらが「1.0mm」です。「1.0mm」になると、サラサラ書けるというより「ぬるめる書ける」といった方が適切かもしれません。それくらいペン先がよく走ります。


こちらもメモ書きに向いています。どんどん文字を書きたいときに役立ってくれます。


「1.0mm」といってもそこまで太すぎることはありません。なので、文字がつぶれるということを気にする必要はなさそうです。

まとめ


滑らかに書けるボールペン、「ジェットストリーム」の「0.38mm」「0.5mm」「0.7mm」「1.0mm」を書き比べてみました。

「0.38mm」と「0.5mm」は手帳やノートにしっかり書きたいときに向いています。

「0.7mm」と「1.0mm」はメモにスラスラ書きたいときに向いています。

実際に書き比べてみると、まったく書き味は違いました。特に「0.5mm」と「0.7mm」は、カリカリとスラスラの境界線のように感じました。

ゲルインクボールペンのようにペン先の太さが劇的に違うということは見受けられませんでした。

【比較】フリクションボールの「0.38mm・0.4mm・0.5mm・0.7mm・1.0mm」を書き比べてみた

それでも、微妙な文字の太さは見た目にも影響しますし、ペン先の摩擦で文字の書き心地がまったく違います。

それぞれに特徴があるので、自分の使う場面によって使い分けたらいいですね。

あわせて読みたい