ボールペンの文字をにじませない。蛍光ペン「ジャストフィット モジニライン」に心が揺さぶられた

僕は蛍光ペンをよく使っているんですが、たまにボールペンで書いた文字に蛍光ペンで線を引きたいときがあります。

メモしたことが重要なので、後から見返したときに目立たせたいときがあるんですね。

そんなときに蛍光ペンで文字に線を引くと、文字がにじんでしまい汚くなってしまいます。しかも蛍光ペンのペン先も汚れてしまうので、あまりスマートではありません。

それでも我慢して使っていたんですが、この度、ゼブラからボールペンで書いた文字がにじまない蛍光ペンジャストフィット モジニライン」が発売されたので購入してみました。

実際に使ってみて、ボールペンで書いた文字がにじまないことがこんなに素晴らしいものかと心が揺さぶられました。

ボールペンで書いた文字がにじまない「ジャストフィット モジニライン」

180824 justfit mojiniline 12

こちらがゼブラの「ジャストフィット モジニライン」です。

「にじまない」ではなくて「にじませない」という明確な意志が感じられるフレーズになっています。

最近は勉強のためのノートをSNSにアップすることも増えており、きれいなノートを作りたいというニーズが高まっています。そんな中、蛍光ペンで線を引くと文字がにじんでしまうのが課題で、そういった学生の声を受け、解決するために改良に改良を重ねて作られたそうです。

なので、このような「にじませない」というフレーズになっているわけですね。

180824 justfit mojiniline 5

ペン本体は白色で爽やかな蛍光ペンになっています。同じゼブラの製品の「マイルドライナー」と似たデザインですね。基本的に白いモノが好きなので、こういう白い蛍光ペンは好みです。

マイルドライナー「ほんのり蛍光色」が最高の蛍光ペンであるたった1つの理由

180824 justfit mojiniline 21

カラーは5色あります。

  • オレンジ
  • ピンク
180824 justfit mojiniline 17

ジャストフィット モジニラインの最大の特徴は、ボールペンで書いた文字をにじませない蛍光ペンであることです。

蛍光ペンのインクに新成分を配合していて、イオンの力でにじみを抑えるのだそう。

水性ボールペンにはマイナスの電荷が帯びていています。

蛍光ペンのインクにプラスの電荷を帯びた新成分を配合することにより、ボールペンで書いた文字の上から蛍光ペンで線を引くと、プラスとマイナスのイオンが結合し、インクが紙面に固まりにじみを抑えるという仕組みになっているそうです。

180824 justfit mojiniline 22

ペン本体には特徴的なフォントで「mojiniline」とあります。こういうボップな感じの蛍光ペンは珍しいですね。

180824 justfit mojiniline 9

ボールペンの本体に「ボールペンの文字をにじませない」と書いてあります。ペン本体に文字がたくさんあると、正直なところ、あまりシンプルではないですよね。

180824 justfit mojiniline 7

通常のジャストフィットは細字がありますが、この「ジャストフィット モジニライン」は細字がありません。使用する際に、このようにキャップを先端に取り付けると転がり防止になります。

ジャストフィットといえばペン先がしなるのできれいな線を引ける

180824 justfit mojiniline 19

ジャストフィットシリーズの最大の特徴がペン先がしなることです。ペン先に柔らかいナイロンの素材を使用しているので、しなって紙にフィットしてくれます。なので線幅が一定できれいな線を引けます。

180824 justfit mojiniline 18

このようにペン先が「はけ状」になっていて、筆ペンのような感覚で線を引くことができます。

180824 justfit mojiniline 6

分厚いテキストや辞書のような曲面に線を引く場合にもペン先がフィットするので歪むことなく線を引けます。

普通の蛍光ペンだと、ペン先の角度を気にしないときれいな線を引けないんですが、ジャストフィットなら気にすることなく、ペン先は走らせるだけで自然ときれいな線になってくれます。

180824 justfit mojiniline 1

ボールペンのにじみ具合を試してみた

180824 justfit mojiniline 2

では、本当にボールペンの文字がにじまないのか試してみました。手元にあるフリクションボールのブラックで試してみました。

180824 justfit mojiniline 20

こうやって普通に文字を書いてみました。

180824 justfit mojiniline 8

こちらがジャストフィット モジニラインで上から線を引いてみたところです。

ほとんどというか、全くにじんでないですよね。普通の蛍光ペンであれば、問答無用で文字がぶわぁと広がる感じでにじんでしまい、残念な気持ちになるんですが、ここまできれいに引けると感動しますね。新しい世界を体験しているような。

180824 justfit mojiniline 16

もうひとつ気になっていたのが、ボールペンで書いた文字の上から蛍光ペンで線を引くと、蛍光ペンのペン先にボールペンのインクが付いて汚れてしまうことです。

このジャストフィット モジニラインはペン先が黒くなりませんでした。イオンの力でちゃんと紙面にボールペンのインクが固まったということなんでしょうね。

180824 justfit mojiniline 14

では、同じゼブラの蛍光ペン「マイルドライナー」で試してみます。

180824 justfit mojiniline 4

フリクションボールで書いた文字の上から線を引いてみましたが、やっぱり若干滲んでいますよね。こうなるととても残念な気持ちになります。あーって感じです。

180824 justfit mojiniline 11

で、ペン先はこのように少し黒くなってしまいました。これを繰り返していると、次に使ったときにペン先の黒い汚れが紙に移ってしまうことがあります。これも残念で仕方がありません。

そう考えると「ジャストフィット モジニライン」のすごさが分かります。

まとめ

180824 justfit mojiniline 3

ゼブラの「ジャストフィット モジニライン」を試してみました。

にじまない蛍光ペンと言葉だけで聞くと「ふーん」って感じかもしれませんが、実際に使ってみると、ボールペンで書いた文字がにじまないことにこんなにも心が動かされるものかと正直驚きました。

今回試してみたボールペンがフリクションボールなので、他のボールペンの場合どうなるのかというのが気になるところですし、ボールペンとの相性があるかもしれません。

しかし、明らかに普通の蛍光ペンと一線を画していることは間違いありません。

自分で書いた文字に蛍光ペンを引く機会が多い学生さんにはおすすめの蛍光ペンですね。

あわせて読みたい