超細いゲルインキボールペン「ジュースアップ」は手帳やノートにピッタリ合う!

ジュースアップ

こんにちは、うるふぁ(@urupha)です。

手帳やノートにはどんなボールペンを使っていますか?

手帳だと書くスペースが日ごとに限られていますし、ノートにまとめる場合も大体に大きく!なんていかないかもしれません。

ぼくの場合、後から見返しやすいように0.3mmや0.4mmなどの細いボールペンをよく使っています。小さい箇所には文字が潰れていない方がいいんですよね。

そこで今回は、パイロットの「ジュースアップ」というゲルインキボールペンを紹介します。

この0.3mmがめっちゃ細いです。細いんですけど、書き味がなめらかで使いやすかったです。

超細いゲルインキボールペン「ジュースアップ」は手帳やノートにピッタリ合う!

▼こちらがその「ジュースアップ」です。今回は0.3mmを購入しました。
161210 juice up 1

他には0.4mmの細さもあります。

▼色は10色あります。
161210 juice up 4

  • オレンジ
  • レッド
  • ピンク
  • バイオレット
  • ブルー
  • ライトブルー
  • グリーン
  • ブラウン
  • ブルーブラック
  • ブラック

黒いボディがおしゃれでカッコイイ!

▼ジュースアップは黒いボディで統一されており、とても引き締まった印象を受けます。スタイリッシュですね。でもグリップ部分がそれぞれのカラーになっているので、ひと目でわかります。
161210 juice up 5

カラーバリエーションが豊富ですし、ビジネスシーンでも使えます。

161210 juice up 6 161210 juice up 7

新開発シナジーチップで細いのになめらかに書ける

▼ジュースアップの特徴の1つに、ペン先が新開発の「シナジーチップ」というものを採用していることです。
161210 juice up 8

通常、こういう細いペンはペン先がニードルタイプなのですが、これだとペン先が折れやすかったり、インクの書き出しが少し悪いことがあります。

同じパイロットの「ハイテックC」が、まさにそれですね。たまにかすれる。そしてよく折れる!

だから、このジュースアップはパイプチップ(ニードル)と通常よくあるボールペンのコーンチップを掛け合わせた形になっています。

短いニードルタイプといったところでしょうか。これが書きやすい!0.3mmでもまったくかすれない!

▼グリップ部分がカラーになっているのでひと目でわかる。
161210 juice up 10

▼ノックインジケーターで、ペン先を出しているかどうかひと目でわかるので、収め忘れがない。
161210 juice up 11

ノックがとても軽い力でできます。音も安っぽい軽い感じじゃなく、少し重厚感のある音で小気味よいです。

161210 juice up 12

新顔料ゲルインキでなめらかに書ける

ペンを持ってみると、ほどよい重量感を感じます。口金に金属を採用しているので、低重心で安定して使えます。これも書きやすさにつながっています。

新顔料ゲルインキには特殊添加剤を配合しているのでペン先からスムーズにインキを出せるとのこと。

だからとても書きやすいです。書き出しからまったくかすれない!均等に安定してインキを供給してくれます。

161210 juice up 13

▲▼クルクルって線を書いても最初から最後まできれい。

▼細いですけど、なめらかに書ける。そして色もカラフルですね。
161210 juice up 14

ジュースアップは激細なのになめらかに書けるボールペン!

161210 juice up 15

今回ぼくが買ったのは0.3mmですが、とても細いにもかかわらず、かすれることなく書けるのでとても嬉しいですね。

おすすめの色はブルーブラックですね。文字が引き締まって見えます。

手帳やノートの細かいところにも自由自在に書けます。1本持っておけば用途が広がりそうです。