ちょっと変わったペン先の蛍光ペン「フィットライン」はまっすぐに線が引ける

読書することが多い僕は、参考になるところに蛍光ペンで線を引いていました。それが高じて今までいろいろな蛍光ペンを試してきたところです。

ここ数年はゼブラの「マイルドライナー」に落ち着いています。淡い色合いが目に優しく、引かれている文章を読むのが好きになりました。今ではなくてはならない存在ですね。

今回は久しぶりに見慣れない蛍光ペンを見つけたので、試しに買ってみました。ぺんてるの「フィットライン」というペン先が絶妙に曲がるのでまっすぐな線が引ける蛍光ペンを紹介します。

フィットライン

180731 fitline 16

こちらが今回新しい購入した蛍光ペン、ぺんてるの「フィットライン」です。

海外製品を彷彿とさせる鮮やかな蛍光ペン

まずもって印象に残るのがインクと同色のペン本体カラーです。キャップから本体まで同一色となっています。

180731 fitline 6

多くの蛍光ペンが白や黒、クリアなど、インクの色以外のパーツ色から構成されているものが多く、文房具として馴染みやすいものとなっています。

180731 fitline 4

このフィットラインはカラー1色となっていて、海外製品をイメージさせる原色チックで存在感のある蛍光ペンになっています。

シャーペンやボールペンがメインのペンなら、蛍光ペンは補助するためのサブのペンのはずなのですが、これは自分が主役といわんばかりですね。

180731 fitline 8

細字はオーソドックス

180731 fitline 14

では、ここからイエローを取り出して見ていきます。これ1本あるだけでもかなり目立ちます 。

180731 fitline 9

細字のペン先は1.0mmのオーソドックなものとなっています。

180731 fitline 7

特徴的な太字のペン先は溝がある

180731 fitline 10

「フィットライン」と言われる所以がこのペン先にある溝です。ぐるり1周の溝が巻かれてあるんですね。

180731 fitline 12

そのため、紙にペン先を押し付けると、溝のところでぐにゃんと曲がります

普通の蛍光ペンだと、ペン先が硬いので、まっすぐに線を引こうとするとペン先の角度を気にする必要がありますし、線を引いているときでもバランスが崩れないようにする必要がありました。

180731 fitline 1

でも、フィットラインなら、ペン先が安定的に紙と接触するのでまっすぐな線が引けるようになっています。このようにスーッと引けます。

180731 fitline 2

カラーは発色のいい5色

カラーバリエーションは、蛍光ペンによくある、オレンジ、イエロー、グリーン、ピンク、ブルーの5色です。

180731 fitline 13

発色のいい色合いで、とても元気になる色です。はっきりとした色なので、勉強や仕事で参考書や書類などに引いたら目立ちますね。

180731 fitline 5
ちょっとこれはまっすぐに引けてないですね。

まとめ

180731 fitline 15

変わったペン先の蛍光ペン「フィットライン」を紹介しました。

蛍光ペンってどうしても文字に線を引くのがメインの役割なので、できるだけまっすぐな線を引きたいというのは当然の欲求ですね。

通常の蛍光ペンだと、気をつけて引かないと簡単に太くなったり、細くなったりするんですが、このフィットラインなら確実にとまではいきませんが、安定してまっすぐに線を引くことができます。ぐにょぐにょやるのも楽しいですよ。

あわせて読みたい